外壁塗装の耐用年数は何年?塗料の種類別の特徴を徹底解説

一戸建てを購入して住んでいるのであれば、10年から15年に一度の外壁塗装は絶対に欠かすことができません。外壁塗装には100万円前後の多額の費用がかかるので、できることであれば耐用年数を伸ばして、外壁塗装の回数を減らしたいものです。

この記事では、これから外壁塗装をしたいと考えている方のために、外壁塗装の耐用年数を決める要因にはどのようなものがあるのか、よりリーズナブルに耐用年数を長くするための外壁塗装を行うためにどのようなコツがあるのか、詳しく解説します。

外壁塗装の耐用年数とは

耐用年数と言うと、「法定耐用年数」という言葉を思い浮かべる方もいるでしょう。法定耐用年数とは、マンションやアパート、オフィスビルなどを経営している場合、外壁塗装を減価償却するために国税庁が定めたものです。

この記事では自宅として購入した一戸建ての外壁塗装について解説しています。尚、この記事で紹介する耐用年数は、法定耐用年数とは違う点に注意してください。

外壁塗装とは、外壁を太陽の紫外線や雨風から守るために、塗料を塗って塗膜を一番外側に作ることです。外壁は常に太陽光線や雨風にさらされているので、外壁塗装は年数がたつと劣化していき、家を守る効果がなくなっていきます。

そこで、家を守る効果を保つために定期的に外壁塗装を行う必要があるのです。外壁塗装の耐用年数を決める要因は、使われている塗料の種類になります。塗料の種類によって、2倍から3倍も耐久性が変わってくる点を理解しておきましょう。

土地の活用法によって、建物や施設の耐用年数は変わってきます。
さまざまな土地活用方法について知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

外壁塗装に使われる主な塗料の耐用年数と特徴

外壁塗装の耐用年数を決める要因は、塗装に使う塗料の種類です。グレードの低い塗料を使えば、安く仕上げられますが耐用年数は短くなります。グレードの高い塗料は価格は高いのですが、耐用年数は長くなります。外壁塗装の耐用年数を考える上では、塗料の種類ごとの特徴を理解しておくことが大切です。

アクリル塗料

アクリル塗料とは、アクリル樹脂をベースにして作られている塗料です。外壁塗装に使われる塗料の中では最も安く、1平方メートルあたりの相場は1,000円から1,200円程度です。30坪の家であれば60万円程度で施工できます。

しかし、耐用年数は5年から8年程度ととても短く、10年以内に塗り直しが必要になります。1回の出費は安く抑えられますが、回数が必要になるのでトータルで考えるとコスパの悪い塗料です。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、15年ほど前までは外壁塗装の中で1番人気でした。現在でも高い防水性や扱いやすさから、人気が高い塗料です。ウレタン樹脂を主成分とした塗料で、弾力性があり密着性が高いのが特徴です。

1平方メートルあたりの単価は1,800円から2,000円程度で、30坪程度の大きさの家であれば、72万円ほどで施工できます。耐用年数は8年から10年なので、10年に一度の塗り直しは必須です。

シリコン塗料

シリコン塗料は、現在の外壁塗装の中で1番人気です。色落ちしにくく、防カビ性や防藻性に優れている特徴があります。単価は2,500円から3,500円とウレタン塗料よりも高いものの、耐用年数が12年から15年と比較的長いのが特徴です。

フッ素塗料

価格が高いのですが、耐久性が塗料の中で最長クラスで人気が高いのがフッ素塗料です。虫歯予防などでもおなじみのフッ素には、密着力が強く、他の物質や薬品、摩耗に対する耐久性を高めるという特徴があります。

塗料で利用した場合でも、外壁材にしっかりと密着して、しっかりと紫外線や外気から家を守ってくれます。単価は3,500円から4,500円と他の塗料よりも高額なのですが、耐久性は15年から20年あります。費用に余裕があるのならおすすめの塗料です。

無機塗料

無機塗料とは、上記の樹脂系塗料などの有機塗料の中に、セラミックやケイ素などの無機物を混ぜることで耐久性を高めた塗料です。

有機塗料は外気のほこりやちりで摩耗しやすく、紫外線による劣化も避けられません。しかし、無機物は硬いので摩耗しにくく、紫外線の影響も受けません。

無機物だけでコーティングできれば、半永久的な外壁が作れるのですが、実際にはそういうわけにもいきません。そこで、有機塗料の中に無機物を混ぜて耐久性を高めています。

無機塗料は単価が5,000円から5,500円と他の塗料よりも高額ですが、15年から20年という長い耐用年数が期待できます。

ラジカル塗料

ラジカル塗料とは、ウレタンやシリコンと言った比較的安価な樹脂系塗料を劣化させる原因となるラジカルの発生を抑制する物質を混ぜることで、耐用年数を長くした塗料のことです。

価格はシリコン塗料よりも少し高い程度なのに、耐用年数が3年ほど伸びるので、1年あたりの費用に換算するとコスパの良い塗料です。単価は3,500円から4,000円程度で、耐用年数は14年から16年です。

外壁塗装の耐用年数はあくまで目安

塗料の種類によって外壁塗装の耐用年数は変わります。しかし、同じ塗料を使っても、外壁塗装の耐用年数に大きな幅があります。同じ塗料でも3年から5年もの耐用年数に差が出てしまう理由と、外壁塗装が必要かどうかを判断する目安についてお伝えします。

環境によって耐用年数は短くなる

外壁塗装の耐用年数が同じ塗料であっても大きく変わる理由は、建物が建っている環境によって、同じ塗料であっても劣化の度合いが大きく変わるためです。また、以前の外壁塗装の施工に不備があった場合にも、塗り直しが必要になる場合があります。

外壁塗装を劣化させる要因には主に次のものがあります。

  • 温度変化による収縮と膨張の繰り返し
  • 紫外線による劣化
  • 経年劣化
  • コケや細菌・カビの付着
  • 施工不良

いずれにせよ、次にお伝えする外壁塗装が必要なサインが出たら、外壁塗装をしなければいけません。

外壁塗装が必要なサイン

外壁塗装が必要になる際には次のようなものがあります。

外壁塗装が必要なサイン解説
チョーキング指で外壁をなでたときに白い粉が付く現象。塗膜が剥がれて粉状になってしまい、塗膜の意味をなさなくなっている。
クラック壁のひび割れのこと。放置すると雨水が入り込み家を劣化させる。コーキングで補修した上から塗装する。
コーキング(シーリング)の劣化サイディングボードの継ぎ目に補充する樹脂。紫外線により劣化して10年程度で貼り替える必要がある。
コケ・カビ・藻の発生外壁塗装の防水性能が落ちたために発生。放置しておくと、壁の内部への水の侵入が発生する可能性がある。

上記のサインのいずれかが発生したら、早めに外壁塗装を検討したほうがいいでしょう。

劣化を放置すると起きる問題

外壁塗装が必要なサインが出ているのに、外壁塗装を適切な時期に行わないと、家の劣化を早めてしまうことになります。特に問題になるのは、防水性が低下するという点です。

国内の一戸建てに多く採用されているモルタル外壁や窯業系サイディングには、外壁材自体に防水性はありません。外壁材の上から防水性の高い塗料を塗ることで、防水性を高めて、壁の内部への水の浸入を防止しています。

外壁の劣化の初期症状であるチョーキングが起きたということは、すでに塗膜の防水性が失われて、湿気が外壁材の内部へ入り込み始めていることを意味しています。

湿気が壁の内部へこもるようになると、木部の腐食や金属部分の錆が発生して、家の耐久性が弱くなります。結果として、雨漏りが発生しやすくなったり、耐震性が低下してしまいます。家の寿命が短くなってしまうのです。

外壁塗装は、少なくともチョーキングを確認したら必ず行うようにしましょう。

耐用年数を考えた外壁塗装のコツ

家を建ててから、寿命を迎えて取り壊すまでに、必ず何度か外壁塗装が必要になります。できることであれば、1回の外壁塗装の耐用年数を長くして、外壁塗装の回数を減らすことができれば、トータルの出費を抑えることができます。耐用年数を考えて外壁塗装を行うためのコツについてお伝えします。

耐用年数の長い塗料を使う

外壁塗装の耐用年数を伸ばして、トータルのコストを下げたいと考えるのであれば、耐用年数が長い塗料を選択するようにしましょう。

1回あたりの出費は大きくなりますが、外壁塗装の回数は確実に減らすことができます。30坪の住宅の塗装では、耐用年数が長いフッ素塗料と、よく使われるシリコン塗料の塗料代の差額は20万円程度です。

5年ほど耐用年数が違うことを考えると、コスパ的にはそれほど大きな差にはなりません。フッ素塗料の利用も検討しましょう。

外壁材の耐用年数を超えないようにする

外壁の耐久性を考えるのであれば、塗料の耐久性だけではなく、外壁材の耐久性も考えましょう。いくら耐久性が高い塗料を使ったとしても、外壁材の寿命がきてしまったら、家の耐久性は低くなります。外壁材の寿命がきたら、家の全面的なリフォームも検討しましょう。一般的な住宅に使われる外壁材の寿命は次の通りです。

外壁材の種類耐用年数
サイディング20年~30年
モルタル30年以上
タイル30年~50年

優良な業者に外壁塗装をしてもらう

「環境によって耐用年数は短くなる」でお伝えしたように、外壁塗装の耐久性が短くなる原因は、以前の外壁塗装の施工不良もあります。

外壁塗装に関しては、国の免許や、塗装技能に関する国家検定資格はありますが、免許や資格を持っていなくても、開業して外壁塗装を行うのに問題はありません。そのために、十分な経験を持たない会社や職人が施工してしまうことも少なくありません。

外壁塗装を依頼するときには、業者選びを間違えないようにしなければいけません。飛び込み営業で来た業者とすぐに契約するのではなくて、契約する前にその業者のホームページを確認して、今まで手掛けた施工事例をしっかりと確認しましょう

また、1社だけで決めてしまうのはとても危険です。一括見積もりサービスを使って、複数の会社から見積もりを取るようにしましょう。

耐用年数が近いなら屋根も一緒に塗装する

家の塗装で必要なのは外壁塗装だけではありません。屋根の塗装も定期的に行う必要があります。もしもタイミングが近いようであれば、外壁塗装と一緒に屋根の塗装も行なってしまうと、足場代の節約になります。

外壁塗装にも屋根の塗装にも、高所での危険な作業が多いので必ず足場が必要になります。足場を組むだけでも15万円から20万円の費用がかかります。同時に行なってしまうことで、足場代の節約が可能です。

外壁塗装の耐用年数でよくある疑問

外壁塗装の耐用年数について、色々と疑問を持っている方もたくさんいます。外壁塗装の耐用年数についてよくある質問をまとめてみました。

耐用年数が30年以上の外壁塗装は可能なのか?

外壁塗装の業者の中には、30年間の保証をうたう業者もいるようです。実際に30年間の耐用年数のある外壁塗装があるのかどうかという疑問を持っている方もいるようです。

外壁塗装には30年間の耐用年数を持つ塗料はありません。その理由は、現在どのような技術を使っても、塗料のベースとなる樹脂系塗料を30年間持たせることができないためです。

ラジカルの発生を抑える物質や、無機物を投入することで、耐用年数を伸ばす技術は開発されてはいます。しかし、耐用年数が半永久的な無機物だけの塗料は、硬すぎて密着性を得られないので、作れません。

樹脂系有機溶剤の耐用年数は、20年から25年が限界です。耐用年数が30年の外壁塗装はありえないことは理解しておきましょう。

どの塗料メーカーなら耐用年数が長い?

耐用年数の長い塗料を選ぶときに、どこのメーカーの塗料を使うのがいいのでしょうか。塗料メーカーには大手企業から中小企業まで、いくつかのメーカーがありますが、最も信頼できるのは日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研の大手3社です。

この3社の塗料であれば、同じ系統の塗料であれば耐用年数に大きな違いはありません。特に溶剤塗料の2液型の塗料なら、耐用年数の比較的長くなるので、業者に相談してみましょう。

最適な耐用年数の塗料で外壁塗装をしよう

外壁塗装は、ただ家の周りをペンキで塗るだけなのに「どうしてこんなにお金がかかるんだ」と不思議に思っている方もいることでしょう。どうしてやらなければいけないのか理解できない、という声も聞かれます。

しかし、外壁塗装によって作られる塗料の塗膜は、大切な家を一番外側で太陽の紫外線や雨風から守ってくれるとても重要な作業です。外壁塗装をおろそかにしてしまうと、家が傷みやすくなり、結果として家の寿命を短くしてしまいます。やはり外壁塗装は適切なタイミングで必ず行うことが大切です。

「外壁塗装で失敗した」という方の多くは業者選びを間違えていたことが少なくありません。腕のいい業者に施工してもらうためには、優良な業者を見分ける目を持つ必要があります。一括見積もりサービスなら、複数の外壁塗装業者を簡単に比較することができます。まだ一括見積もりサービスを利用したことがないなら、ぜひ一度利用してみましょう。