外壁塗装に火災保険が利用できる?外壁塗装と火災保険について

家の外壁塗装を考え始めた時に、一番気になるのが費用です。火災保険は外壁塗装リフォームの際に利用できる保険として話題になっています。

この記事では、火災保険が適用される条件、申請の流れ、利用する際のポイントからトラブルまでをまとめて解説します。

加入している火災保険についての確認事項

火災保険で外壁塗装がまかなえる場合も確かにあります。しかし、全ての外壁塗装に火災保険が支払われるわけではありません。

まずは、火災保険の対象となる外壁塗装とはどのようなもので、保険の種類にはどのようなものがあるのか詳しくみていきましょう。

火災保険を利用すれば外壁塗装がお得にできる?

外壁塗装で火災保険が利用できるといっても、どのような場合でも外壁塗装に火災保険が使えるわけではありません。火災保険が利用できる場合というのは、火災や自然災害で建物が被害を受けた場合です。

火災保険は「火災」保険となっていますが、実は多くの場合は火災だけではなくて風水害や雪害にも対応しています。台風や集中豪雨、ひょうなどの自然災害によって外壁の修理が必要になった場合には、外壁塗装を含めた修理の代金を火災保険でカバーできる場合があります。

経年劣化を理由に、約10年に1度行う外壁塗装に火災保険が適用できるわけではないので注意しましょう。

火災保険の種類

自然災害によって外壁が被害を受けた場合に保険の適用を受けられるのは、主に次の種類の保険に加入していた場合です。

どのタイプの保険に加入しているかで、実際に補償を受けられるのか、補償の内容はどのようなものなのか変わってきます

保険証書の内容や、保険会社や代理店に問い合わせをして、あなたが加入している保険の内容を確認してみましょう。

保険の種類詳細
住宅火災保険

火災、水災、落雷、風災、ひょう災などの、自然災害による被害は補償対象

住宅総合保険

住宅火災保険をベースとして、さらに盗難、いたずら、不注意による破損、漏水などの自然災害ではない住宅の被害も補償の対象

団地保険

基本的な補償内容は住宅火災保険や住宅総合保険と同じ

借りている部屋を火災や事故で破損してしまった場合の大家さんに対する賠償費用に対する補償付き

自室からの漏水で、下の階に被害を及ぼしてしまった場合の賠償補償もあり

オールリスクタイプ

住宅総合保険よりも補償内容が幅広い

家のタイプに応じて保障内容を設定できるなど、加入者のニーズに応じて対応可能

店舗総合保険

建物で店舗や事務所と自宅を兼ねている物件対象

建物の被害だけではなくて、業務用の什器や備品の補償付き

補償の対象になる災害の種類

住宅火災保険や住宅総合保険の対象になる災害や被害とはどのようなものがあるのか具体的に見ていきましょう。

項目住宅火災保険住宅総合保険
台風・竜巻
雪・ひょう
雨・洪水・土砂崩れ
落雷落雷による火災や住宅の破損は補償対象
電化製品が壊れるなどのその他の被害は契約内容による
落雷による火災や住宅の破損は補償対象
電化製品が壊れるなどのその他の被害は契約内容による
地震補償対象外補償対象外
車が建物に衝突するなどの事故補償対象外契約内容による
外壁への落書き補償対象外契約内容による
外構の照明を盗まれた補償対象外契約内容による
近所の子供がボールで窓を割った補償対象外契約内容による

火災保険や住宅総合保険は自然災害を補償するためなのに、地震による被害が補償対象外になっていることを、意外に思う方もいるでしょう。

地震に対する保証は、火災保険や住宅総合保険とは別に、地震保険に加入しなければいけません。ただし、地震保険だけを個別に加入できるわけではありません。

多くの保険会社では、地震保険は住宅総合保険の特約としてつけられます。地震に対する備えが不安なら、加入している火災保険の内容を見直して、必要に応じて地震保険にも加入しておきましょう。

住宅火災保険では、自然災害による住宅の破損は補償対象になりますが、家電製品の壊れや人為的ないたずら、事故による破損は補償対象外になります。

また、住宅総合保険でも契約内容や保険会社によって補償される内容が変わってきます。外壁塗装に火災保険を利用したい場合には、加入している保険の内容を一度よく確認してみましょう。

補償の対象になる建物の範囲

火災保険で補償の対象になるものには、建物そのもののほかに、門やフェンス、塀もあります。

建物ではありませんが、電化製品や洋服、カーテンなども被害にあってしまった場合には、火災保険で「家財」にも加入しているかどうかがポイントになります。

火災保険には「建物のみ」と「建物と家財」の2種類があります。「建物と家財」は保険料が「建物のみ」の2倍以上となる場合もあります。

しかし、火災や自然災害で家財を持ち出せなかった場合には、生活再建に必要な家財をそろえるための十分な補償を受けられます。万が一のことを考えたら、家財も加入しておいた方が安心です。

補償適用外のケース

外壁塗装に火災保険を利用したいと思っても、保険適用の対象外の場合もあるので注意しましょう。保険が適用されない外壁塗装とは、次の2つの場合です。

  • 経年劣化によって外壁が破損したり外壁塗装が必要になった場合
  • 施工不良によって外壁が破損した場合

外壁塗装に火災保険が利用できる条件とは、自然災害によって被害を受けた場合のみです。それ以外の場合は、火災保険を利用することはできないので注意しましょう。

火災保険を申請する際のポイント

自然災害によって外壁が破損した場合には、外壁塗装を含めた修理に火災保険が適用できます。外壁塗装に火災保険を利用する際の保険の申請のポイントや、流れについてお伝えします。

申請について

火災保険を申請する際の確認事項や流れは次のとおりです。

事前に確認したいこと

火災保険を申請する前に、必ず保険証書を用意して契約内容を確認しましょう。保険証書には次の3点が記載されています。申請前によく確認しておくことが大切です。

  • 保証の範囲
  • 保証の条件
  • 免責金額

保証の範囲や条件とは、火災保険の適用を受けられる災害の種類や、家財も保証の対象となるかどうかといった点です。

免責金額とは、火災保険を適用されても自己負担しなければいけない金額です。通常は10万円から20万円程度が自己負担となります。しかし、契約内容によって自己負担の金額や条件が変わりますので、契約内容を確認しておきましょう。

申請のフロー

外壁塗装に保険を適用する場合の流れは次の通りです。

  1. 保険会社へ連絡を入れて必要書類を送ってもらう
  2. 外壁の修理業者に調査を依頼
  3. 業者による調査
  4. 調査報告書と見積書を業者に作成してもらい申請書とともに保険会社へ送付
  5. 鑑定人による調査
  6. 保険金の支払い金額の決定
  7. 保険金の支払い
  8. 外壁修理の工事の開始

保険会社への連絡や修理業者への依頼、申請書を作成して保険会社へ送付するのは、基本的には自分で行わなければなりません。

忙しくて書類を作成する時間が取れない場合には、修理業者に申請の代行を依頼することもできます。

自分・代行会社がやること

火災保険を申請する流れをもう少し詳しく見ていきましょう。まずは、自分や申請の代行会社がやることについてお伝えします。

まずは、加入している火災保険の会社に連絡を入れます。保険証書や保険会社のホームページに必ず「事故や被害にあったら」という場合の連絡先が記載されています。そちらの窓口に電話をすると、保険会社から必要な書類が送られてきます。

保険会社への連絡と同時に、外壁修理の会社に依頼します。保険会社への提出書類の中に、破損箇所の写真、業者による調査結果、見積書があるので、業者に調査してもらい、必要書類を作成してもらいます。

保険会社からの書類の中に保険の申請書もあるので、そちらも必要事項を記入します。必要書類をそろえたら、保険会社へ郵送で返送します。

保険会社がやること

保険の申請書が届いたら、保険会社は被害現場の確認を鑑定会社の損害保険鑑定人に依頼します。

鑑定人は提出された写真の鑑定や現地調査を行い、見積書の金額が妥当かどうか調査します。鑑定人の調査の結果、保険金額が決定されて保険金が支給されます。

申請の期限は?

火災保険の申請には期限があります。火災保険を申請できるのは、被害が発生する災害が起きた日から3年です。3年を超えてしまうと、建物に生じた不具合の原因が火災保険に適用できる災害であったとしても、申請できなくなります。

外壁塗装に火災保険を利用したい場合には、台風などの災害が起きてから3年以内に申請するように気を付けましょう。

注意点

火災保険を外壁塗装に利用する上での注意点についてお伝えします。

まずは、申請期限の3年は必ず守るようにしましょう。どのような状況であれ、3年を超えてしまった場合は申請できなくなってしまいます。

火災保険は、工事が始まってしまってからでも、工事が完了してしまった後でも、申請することができます。その時に大切なのが、被害状況の写真です。

本当に台風などの災害による被害なのかどうかを示すための証拠として必要となりますので、自分で撮影できない場合は、工事を始める前に業者に必ず撮影しておいてもらうようにしましょう。

外壁塗装などの工事にかかる総額が、免責金額未満であった場合には保険を申請できません。また、業者ではなく自分で修理をしてしまった場合も、保険の対象外となってしまう可能性が高いので注意しましょう。

他にも利用できる補助金

自治体によりますが、大きな災害の後では、家の修理に補助金を出してくれることがあります。補助金の申請は、工事前でなければならない場合もあります。

市区町村役場からの情報で、利用できる補助金がないか、申請するにはどうしたらいいのか、工事を依頼する前によく確認しましょう。

よくあるトラブル

外壁塗装に火災保険を利用できると言う詐欺トラブルが全国で相次いでいます。よくあるトラブルの内容と、トラブルにあわないための対策方法についてお伝えします。

詐欺に注意!

外壁塗装を無料にできるという詐欺被害が全国で相次いでいます。保険会社への問い合わせで保険の適用外だとわかり、工事をキャンセルしようとすると、高額な違約金を請求されることもあります。

また、家の一部を壊して、修理が必要だという悪質な業者もいます。

こうした詐欺被害にあわないためには、台風などの災害の後に飛び込み営業でやってくる業者を信頼しないことです。一括見積りサービスで複数の業者から見積りを取り寄せれば、相場価格なども把握できて、詐欺にあわずにすみます

外壁塗装の工事が必要な場合には、一括見積りサービスで業者を探すことをおすすめします。

火災保険の悪用に注意!

本当は経年劣化による破損が原因なのに、台風などの自然災害が原因だとウソを付くようにすすめる業者もいます。しかし、申請書は鑑定人がしっかりと調査します。疑わしい点があれば、実地調査にもやってきます。

ウソの申請がバレてしまった場合には、ペナルティが課せられる可能性もありますので、注意しましょう。

トラブルを避けるために気をつける3つのポイント

火災保険に関するトラブルを避けるためには、保険を申請する前に必ず次の3つのポイントを守りましょう。

  • 「火災保険で無料にできる」に飛びつかない
  • 保険が使えるかは保険会社に聞いてみる
  • ウソの申請はしない

火災保険が使えるかどうかを判断するのは保険会社だけです。保険会社以外の人が判断できることではないので、リフォーム業者の「無料」という言葉には、絶対に乗らないようにしましょう。

まとめ

火災保険は、自然災害による被害のリフォームに適応されます。ぜひこの機会に、ご自身の加入されている火災保険の内容を確認・理解し、外壁塗装を含めたリフォームに利用できるかを確認してみましょう。

さらに詳しく外壁塗装と火災保険について知りたい!とお考えの方はぜひExcite外壁塗装へご相談ください。