外壁塗装をする際の足場とは|足場の役割から料金の相場まで解説

外壁塗装を行う際に必要なのが「足場」です。足場は意外と費用がかさむ部分でもあります。しかし、はっきりとその必要性を理解している人はなかなかいません。

この記事では、足場の種類、役割から相場の費用まで解説します。

「足場」について

外壁塗装などの建物の修繕を行う場合に、家の周りを鉄骨などを組み上げた足場で囲います。この足場とはどうして必要なのか、そしてどのような種類のものがあるのか、みていきましょう。

足場の必要性

まずはどうして外壁塗装の際に足場が必要になるのか詳しく解説します。

作業員の安全確保

足場が必要になる理由の1つ目は、作業員の安全を確保するためです。外壁塗装では地面からでは手が届かない高い場所も塗らなくてはいけません。

もしも足場を組まない場合には、はしごだけで作業することになるでしょう。はしごだけでは、安全ベルトをつける場所もなく、万が一足を滑らせた場合やはしごが倒れた場合に、地面に激突してしまう恐れがあります。

しっかりと足場を組んでおけば、はしごよりも格段に足元が安定した場所で作業ができるようになります。また、高所の作業のときには、足場に安全ベルトをつなぐことで、万が一足を滑らせた場合でも、安全性を確保できます。

外壁塗装は高所での危険な作業となるために、必ず足場が必要になります。

作業のクオリティを上げる

足場を組まずに、はしごだけで作業をした場合、横に移動できなくなります。横方面に塗り広げる場合には、不自然な姿勢で腕を伸ばすことになるので、作業の効率も下がってしまいます。

足場を組めば、歩いて横移動することが簡単にできるようになります。立ったりしゃがんだりもしやすくなります。

作業員が作業しやすい姿勢を比較的自由に取れるようになるので、結果的に塗装のクオリティが向上するというメリットがあります

近所への配慮

外壁塗装の場合には、足場の外側に飛散防止用のネットを設置します。外壁塗装では、外壁を高圧洗浄したり、大量の塗料を使ったりするので、水や塗料がどうしても周囲に飛び散ってしまいます。

足場を組んで、外側に飛散防止ネットを設置すれば、周囲への飛び散りを抑えられます。

足場の種類

次に、足場にはどのような種類のものがあるのか詳しく見ていきましょう。

くさび式足場

くさび式足場は、一戸建てによく用いられる足場です。中低層階の建物に一般的に使われます。ビケ足場ともいいます。金具の接合部分の凸金具がユニット化されていて、組み立てが簡単なのが特徴です。

凸金具は「くさび」と呼ばれ、くさびをハンマーで打ち込んで固定して組み立てます。設置には約4時間、解体には約3時間かかります。強度が高く、近年よく使われる方法ですが、設置場所にある程度の広さがないと設置できません。

枠組み足場

鳥居形の建枠ユニットに、筋交いと布板を組み合わせて強度を上げています。ビティ足場ともいいます。45mの高さまで設置できるので、高層ビルやマンションの外壁塗装でよく採用されています。

軽量な銅管を使っていて、組み立てや解体がとても簡単です。作業をする上での作業員の安全性も高いので、特に人気があります。しかし、足場の中では最もコストがかかる点がデメリットです。

単管足場

単管足場は、鉄パイプを組み立てるだけの足場です。足場板を使わないので、作業員は横に渡した鉄パイプの上で作業することになります。

くさび式足場が設置できない狭い場所や、小規模な工事でも組みやすい点がメリットです。しかし、他の種類の足場と比べると作業員の安全性が確保しにくくなる点と、利用する鉄パイプが重いので、組み立てや解体に時間がかかる点がデメリットです。

吊り足場

吊り足場とは、文字通り上から足場を吊るす方法です。通常は地面から足場を上に向かって組んでいきます。しかし、橋やプラントなど、下から足場を組めない場所もあります。吊り足場はそういった場所で採用されます

ただし、通常の足場よりも高度な技術力や安全性が要求されます。そのために、国家資格である足場の組立て等作業主任者の資格の取得者がいないと設置できません。

張り出し足場

隣家との距離が近すぎて、地面に足場を設置する余地がない場合には、外壁塗装する建物に足場を固定する場合があります。この足場を、張り出し足場といいます。

建物に張り渡した足場板に、斜材を使って外壁に固定します。斜材を固定する外壁に十分な強度があるかどうかを、事前によく検討する必要があります。

こちらも足場の組立て等作業主任者の資格の取得者がいないと設置できません。

トラブル・注意点

外壁塗装では近隣とのトラブルが起きがちです。足場を組んだり解体したりするときのトラブルも絶えません。足場に関して起こりがちなトラブルと、そのトラブルを事前に回避するための注意点についてお伝えします。

周囲のものを傷つけてしまうトラブル

足場は重い鉄のパイプや板を組み上げていきます。高い場所へは受け渡すときに投げ上げる業者もいます。組み立てや解体の作業のときに、つい手が滑ってしまい、塗装をする外壁や隣の建物を傷つけてしまうこともあります。

この場合には、基本的に足場の業者に補償してもらいます。しかし、足場業者が瑕疵(かし)保険に入っていなければ、補償してもらえないこともあります。

足場業者は基本的に塗装業者が選びます。自分で選ぶことはできません。外壁塗装の契約書を交わすときに、足場の事故が万が一起きた場合の補償はどうなっているか、よく確認しておきましょう。

ご近所迷惑になってしまう

足場の設置でご近所トラブルが起こることも少なくありません。主に足場に関するご近所トラブルは騒音と、隣の土地を借りる必要がある場合があることです。

足場を組むときには、金具を留めるためにハンマーで強く鉄パイプや鉄金具を叩きます。また、鉄パイプを運ぶときの鉄がぶつかる音もかなり響きます。あまり騒音を好ましく思わない方もいるので、事前のご挨拶回りなどはしっかりとしておきましょう。

万が一、自宅の敷地の中だけで足場が組めない場合には、隣の家の敷地を借りる場合があります。良好なご近所関係が作れていれば、快く貸してくれますが、そうでない場合もあります。

よく事情を説明した上で、理解してもらうように努力しましょう。

「足場」の費用について

足場の詳細について理解できたでしょう。ここからは、外壁塗装をする上で、最も気になる足場の費用について詳しく解説します。

足場は無料になる?

外壁塗装業者の中には、「足場代無料」をうたっている業者もいます。本当に足場代が無料になると、お得になるのか気になっている方もいることでしょう。

実際には、足場の料金が無料になることはありえません。その理由は、足場の業者と外壁塗装の業者は基本的に別の業者で、業者間でしっかりとした契約を交わしているためです。

足場を組むのには必ずコストがかかる!

足場は扱いが難しい重い鉄パイプや鉄の板を組み上げていく、とても手間がかかる作業です。塗装業者の安全性を守るための重要なものなので、手を抜くことは許されません。作業への熟練も必要です。無料でお願いできることはありません。

足場職人の日当や足場に使われる鉄パイプなどのレンタル代金を考えると、30坪程度の一戸建てでも15万円から20万円はかかることは当然のことです。

足場代が無料になると言っていても、塗装業者から足場業者に支払われる金額が無料になるわけではないことは理解しておきましょう。

足場代無料のからくりを見分ける方法は?

20万円の赤字を塗装業者としても出すわけにはいかないので、足場料金の分を塗装料金のどこかに上乗せしていることが考えられます。

本当に足場料金が無料になっているのかどうかは、複数の業者から見積もりを取ってみるとわかります。他の業者の内訳と比較してみると、必ず不自然に料金が跳ね上がっている項目があるはずです。

こういったことを見破るためには、複数の業者から一括で見積もりを取り寄せることが大切です。Excite外壁塗装なら、近隣の外壁塗装業者から複数の見積もりを簡単に取り寄せられます。

外壁塗装無料のからくりも簡単に見分けられるので、ぜひ一度見積もりを取り寄せてみましょう。

足場の相場

足場料金の相場はどのくらいになるのか、詳しくみていきましょう。

費用の算出の仕方

足場の料金を算出する方法は、まずは足場を架ける面積を求めてから、足場の単価をかけ合わせて総額を算出します。

足場を架ける面積を算出する計算式は次のとおりです。

足場架面積 = (建物の外周(m) + 8m) × 家の高さ(m)

「建物の外周+8m」の8mは、外壁と足場の間に職人が移動する空間を1mずつ作るためです。建物の四辺を2mずつ伸ばすと合計8mになります。

足場を架ける面積を算出したら、実際にどのくらいの費用がかかるのか計算します。足場の平米単価は、飛散防止ネットを含めた料金です。

業者によって多少の違いはありますが、一般的な一戸建てであれば600円から1,000円の間が足場の単価の相場です。高度な技術が必要な足場でも1,500円程度が単価の上限です。

足場にかかる費用 = 足場架面積 × 平米単価 (600~1,500円)

一般的な2階建ての一戸建てであれば15万円から20万円が相場の料金となります。15万円よりも安い場合には、作業の質を疑いましょう。20万円よりも高い場合には、悪徳業者の可能性を考えましょう。

高くなる場合

足場の料金が一般的な相場の単価よりも高くなる場合には、どのような場合があるのかもお伝えしておきます。

相場の単価よりも単価が高くなるのは、マンションや高層ビルなどの高さのある建物や、道路から建物まで階段を上って足場の鉄パイプなどを運ばなくてはいけない場合です。

高さのある建物の場合には、使う鉄パイプや足場板の数も増えるので、運搬費用がかさみます。その分だけ単価が高くなります。

道路から家まで高低差があって階段を上る必要がある場合には、別途運搬費が上乗せされることがあります。

なお、天候不順が続いたなどの理由で、塗装工事が遅れて、足場のレンタル期間が長引いた場合に、足場料金が高くなるのではないかと心配する方もいるようです。

塗装工事の遅れによって、足場のレンタル期間が長引いても、足場代をさらに請求されることはありません。

足場代を安くするポイント

外壁塗装を行うのであれば、できる限り費用を安くしたいと考えるのは当然のことです。外壁塗装の中でも、特に金額がかかる足場を安くするにはどうしたらいいのかお伝えします。

外壁塗装をする上では、作業員の安全性を守り、塗装のクオリティをしっかりと保つために、足場の質を落とすわけにはいきません。足場は熟練の技で組んで行くものなので、足場代そのものを節約することは、現実的ではありません

おすすめは足場を架ける回数を減らす

そこで、おすすめな節約方法は、足場を架ける回数を減らすことです。足場の設置が必要になった建物のリフォームには、外壁塗装の他に屋根塗装や、外壁の補修があります。

外壁塗装と屋根塗装、コーキングの張替えなどの外壁の補修には、必ず足場の設置が必要になります。これらの作業のタイミングを合わせることで、足場の設置をまとめて1回で済ませてしまいましょう。

外壁塗装のみで2週間分でも、他の工事も併せて1カ月架けても1回分の料金は同じです。足場を架ける回数を減らすことで、料金を節約しましょう。

一括見積もりサービスの利用で外壁塗装の料金の見直しをする

また、足場だけではなく、外壁塗装にかかる料金の総額の見直しもしてみましょう。一括見積もりサービスを利用すれば、業者ごとの費用や作業内容の内訳の比較が簡単にできます。

1社だけで決めるのではなく、複数の会社の見積もりを比較することで、より安くて高品質な塗装業者を見つけてみましょう。

足場の費用を自分でも判断できるようになろう

外壁塗装工事を行うにあたって、足場はなくてはならないものです。従って、足場費用も必ずかかってくる必要経費になります。

そこで損をしないために、足場の役割だけでなく費用についても理解を深めておくことは大切なことです。

ぜひ、外壁塗装を依頼する前に、足場についての理解も深めた上で、料金が適切なものかどうかを自分でもよく確認できるようにしておきましょう