屋根の修理費用はどれくらいかかるのか|費用を節約する方法も解説

屋根の修理は、機能を維持するためや快適に生活するために必要な工事です。しかし、修理は高額になるケースも多く、200万円以上かかる場合もあります。

本当にこの金額でよいのか、また、工事の内容は合っているのかと不安に感じる人は多いでしょう。

この記事では、屋根の修理を行う際の相場を解説しています。相場価格がわかれば、騙されることも少なくなります。この記事を参考に、適正な価格で工事を依頼できるよう、屋根の修理費用についての知識を増やしましょう。

屋根修理の方法別の費用相場

屋根修理の費用は、損傷の程度や屋根の形、屋根の角度などで変わります。相場価格を参考にしながら、もし、見積り金額が相場とかけ離れている場合には、確認しましょう。

屋根の部分的な修理の費用  

修理内容相場価格
瓦やスレートの部分修理15万円~30万円
屋根材の差し替え2,000円~60,000円
雨樋の修理3,000円~30万円
棟の修理20万円~35万円
雨漏りの修理5万円~35万円
漆喰の補修30,000円~10万円
軒天の修理10万円~15万円
雪止めの設置3万円~40万円

屋根の修理は、下地の損傷がなければ、破損個所だけ修理を行う部分修理ですむ場合があります。この場合、20万円から30万円くらいで修理ができることがほとんどです。

業者によっては、瓦1枚からの差し替えも受けているので、軽微な損傷であれば部分修理で対応してもらえます。ただし、この相場価格は、損傷の程度や施工する範囲によって変わります。

屋根の全面を塗装する費用  

坪数屋根面積(平方メートル)相場価格
30坪4539万円
40坪7547万円
50坪9058万円
60坪12065万円

屋根の塗装費用は、屋根の面積で計算されます。屋根面積は、使用している屋根材や角度によって変わりますが、30坪の土地に建つ戸建て住宅の相場は40万円前後になることが多いようです。上記の表はおおよその屋根の面積と相場です。

使用する塗料によっても塗装の費用は変わります。塗料によって合う屋根材や耐用年数が変わるので、次回の塗装時期などを考えながら業者に相談するとよいでしょう。

塗料の種類相場価格(平方メートルあたり)
アクリル塗料700円~1,400円
ウレタン塗料1,500円~2,000円
シリコン塗料1,800円~2,000円
フッ素塗料3,100円~4,500円

ちなみに塗装費用には、塗料のほかに足場代や養生代、高圧洗浄代なども含まれます。屋根の傷みが激しい場合には、下地の補修などの手間が増え塗装費用が加算されます。

カバー工法で屋根の修理をする費用  

カバー工法は、重ね葺きとも呼ばれる屋根の修理の方法で、既存の屋根材の上にルーフィング(防水シート)と屋根材を重ねて修理を行う工法です。

屋根材の撤去をともなわないので、工期を短くできるため、コストも抑えられるのが特徴です。以下の表は、屋根材ごとの1平方メートルあたりの相場です。

屋根材相場価格(平方メートルあたり)
ガルバリウム6,000円~9,000円
スレート屋根(コロニアル)4,500円~8,000円
スレート屋根(樹脂・セメント)9,000円~
8,000円~12,000円
本瓦50,000円~
銅板18,000円~20,000円

どの屋根材を選ぶかで相場価格は大きく変わります。また、屋根材にはグレードがあり、高いグレードのものほど価格も高くなるので施工費も上がります。

なお、もともとが瓦屋根の場合には、この工法は使えないので注意しましょう。

屋根を一から新しくする葺き替えの費用  

葺き替え工事は、屋根材を取り除いてすべて新しい屋根材に替える工事です。下地部分に傷みがある場合にとられる方法で、下地の補修を行ったり、傷みが激しい場合には張り替えたりする場合があります。

屋根材の種類や施工する面積で費用は変わります。カバー工法と異なるのは、既存の屋根材の撤去費用がかかることです。また、下地の補修費用や防水シートを張る費用が必要です。

費用としては、140万円から200万円程度が相場です。カバー工法よりも工期は長く、2週間から1ヶ月程度かかります。

屋根修理はどの方法がおすすめか

対応方法屋根の状態
部分修理で対応できる下地には問題がない
瓦のひび割れ、めくれ、ずれ、消失
天井にシミが出来る程度の軽度な雨漏り
葺き替えがおすすめ下地に傷みがある
すでにカバー工法で過去に工事を行っている
雨漏りがある
下地の劣化がある
屋根材の劣化がひどい
カバー工法がおすすめ下地に問題がない
安く抑えたい
騒音・ほこりを抑えて工事をしたい
2004年以前のスレートを使用していてアスベスト飛散の可能性がある

屋根の損傷にも色々あり、小さな損傷であれば部分的な修理ができるので費用も安く済ませられます。例えば、瓦がずれたり、めくれたりしている程度であれば部分修理が可能です。

また、1枚だけ割れている場合にも、1枚からの交換に対応している業者であれば差し替えてもらえます。

雨漏りの場合には注意が必要です。天井にシミがある程度の少しの雨漏りなら、損傷部分だけ修理する場合があります。雨漏りの程度によって工事の方法が異なり、雨漏りがひどいときには、下地の補修や屋根材を取り替える大規模な工事となる可能性があります。

下地に損傷がなく、屋根材のみが傷んでいる場合には、カバー工法での工事が行えます。費用を安く抑えたい場合や、下地に問題がない場合にはこの方法がおすすめです。

また、使用しているスレートにアスベストを含んでいる場合には、撤去費用が高額になるためカバー工法で屋根の修理を行う場合があります。

屋根修理をするなら火災保険を使おう

屋根の損傷の原因が自然災害である場合、火災保険を使って修理が行える可能性があります。台風や洪水で損傷を受けた場合には確認してみるとよいでしょう。

火災保険が使える屋根修理の条件とは  

屋根の修理には火災保険が利用できる場合があります。そのため、台風や雹(ひょう)など災害による破損の場合には、火災保険の契約内容の確認を行ってください。

多くの火災保険では、損傷の原因が以下にある場合には保険の適用ができます。

  • 火災
  • 風災
  • 雪災
  • 雹災(ひょうさい)
  • 爆発・破裂 
  • 水災

このように原因が自然災害の場合に使えます。そして、一般的に20万円以上の工事であることや、3年以内の申請であることなどが条件となっています。

経年劣化での屋根の修理には適用できないので注意しましょう。

火災保険を屋根修理で申請する流れ  

  1. 保険会社に連絡する
  2. 工事業者に見積もりを出してもらう
  3. 保険金申請書、事故状況説明書を記入する
  4. 必要書類を送付する
  5. 保険申請が承認される
  6. 工事業者と契約・打ち合わせ・着工

火災保険の申請の手続きは上記の流れで行います。見積もりを取るときには、火災保険を利用することを伝えましょう。

そして、申請には屋根の状態がわかる写真が必要です。業者に見積もりを依頼するときに写真もお願いしましょう。

保険金申請書と事故状況説明書を記入後、写真と見積書と一緒に送付します。すると、およそ2週間ほどで保険申請の承認の連絡がきます。

その後、工事業者と契約の後、工事が始められます。

火災保険を使う注意事項  

火災保険は、保険会社が認めた修理に関してのみ保険金が支払われます。条件を満たさない場合には、保険金が支払われないので注意しましょう。

一般的に損害金額が20万円以上に設定されていることが多く、20万円以上の工事費用が発生しない場合には、保険が使えません。

そして、保険の種類によっては、受け取れる保険金の上限が決められていて、修理費用をすべてカバーできるわけではないので、利用前には契約内容を確認しましょう。

また、免責タイプといって自己負担額を設定するタイプの保険に加入している場合には、自己負担額以上の部分の金額のみが受け取れます。

そして、保険の申請は加入者本人の申請が条件です。工事業者の中には、代理申請を行っている場合がありますが、保険金を受け取れなくなったり、トラブルが起こったりする可能性があるので必ず自分で申請を行いましょう。

火災保険以外で屋根修理の費用を節約する方法

修理代金は、高額になることもあり少しでも費用を抑えたいと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは、費用を抑えて修理を行う方法を解説します。

一括見積もりで最新の屋根修理費用の相場を調べる  

屋根の修理の相場は、屋根の形状や屋根材、傾斜、周辺の環境によって変わるので、それぞれの家で異なり同じ金額になることはありません。

そのため、相場の価格は目安とできるものですが、必ずしもその金額で工事が行えるということではないので注意しましょう。

工事を行うときには、自身の家の屋根の状態を見て見積もりを出してもらうことが大切です。一括見積もりのサービスを使えば、簡単に最新の相場が確認できます。

一括見積もりサイトでは、同時に複数の業者に見積もりが依頼できます。無料で依頼できるので気軽に依頼してみるとよいでしょう。そして、見積もりを比べてあなたの家の屋根修理に合った業者を見つけて下さい。

自治体の補助金制度で費用の一部をカバー  

屋根の修理を行うときに自治体の補助金を利用して行える場合があります。すべての自治体で行われている制度ではありませんが、お住まいの自治体に制度があると、補助金で費用の一部をカバーできます。

補助金制度の利用には、条件が設けられていて、その条件を満たすと補助金が受け取れます。以下は補助金制度を設けている自治体の一例です。

自治体内容条件
東京都足立区補助対象経費の3分の1に相当する額
上限5万円
区内に住民登録があること
区内の住宅が対象
住民税の滞納がないこと
東京都品川区工事費用の10分の1
上限20万円
区内の居住者であること
区内の施工業者を利用すること

東京都足立区では、屋根の遮熱塗装を行う際に補助金が利用できます。また、品川区では、遮熱塗装のほかに屋根の軽量化の工事でも利用できます。

主な条件は上記のようになりますが、ほかにも細かく条件が決められているので補助金制度の利用の際には最寄りの自治体に確認しましょう。

また、基本的に補助金制度の利用は、工事前の申請となります。制度の適用が承認されてからの着工となり、工事後の申請は受け付けてもらえないので注意しましょう。

一時的な出費の節約にリフォームローン  

屋根の修理は損傷の度合いにもよりますが、全体的な修理を必要とする場合、100万円を超えることがほとんどです。特に葺き替え工事を行う場合には、200万円を超えることもあり住宅ローンと重ねて払うことが厳しいことも少なくないでしょう。

そのような場合には、リフォームローンがおすすめです。住宅ローンを組んでいる金融機関で申し込める場合もありますし、クレジットカードの会社でも受け付けている場合があります。

借り入れとなるので、金利が発生しますが一時的に支払う金額を抑えられます。雨漏りなどは修理が遅れると、下地部分や躯体部分まで傷みがすすみ、より高額な修理費用が必要になる場合があります。

急ぎで修理が必要な場合には、リフォームローンを検討してみるとよいでしょう。

簡単な屋根の修理はDIY  

軽微な屋根の修理であればホームセンターで売られている材料や道具で修理が可能です

例えば、範囲の狭い雨漏りであれば防水シートを張るだけで対処できます。また、瓦のひび割れならコーキング材を利用して埋められます。

また、瓦が割れていたり、ずれていたりする場合には、パテで割れ目や隙間を埋めることができます。

ただし、修理は高所での作業となるため、危険が伴います。しっかりと安全確保して作業を行いましょう。

道具価格
コーキング材500円
コーキングガン200円
へら100円
防水テープ600円
パテ700円

材料は数百円程度で購入できるものも多く、DIYならそれほど費用がかかりません。しかし、慣れていない人が作業を行うと、屋根のほかの部分にキズをつけてしまう可能性があります。

また、自身で修理してしまうと、火災保険が適用できなくなる恐れがあるので注意が必要です。

屋根修理の費用で業者とのトラブルを避けるコツ

屋根修理のときには、業者とトラブルが起きることがあります。どのようなトラブルがあるかを事前に把握し、トラブルを避けましょう。

訪問営業による屋根の点検は受けない  

屋根は家の中でもとても重要な部分です。風や雨から家を守るために欠かせないものなので、不具合が起きると生活に影響が出てしまいます。

そして、屋根の瓦が外れているなどと不安をあおるようなことを言って、工事の契約をさせようとするために訪問営業を行う会社があります。

誰しも屋根が壊れていると言われると不安を感じます。その不安につけこんで、契約を促します。このような業者の場合、無料で点検しますよと言いながら、瓦をわざと割って修理が必要だと言う場合もあります。

このような悪い業者ばかりではありませんが、訪問営業を行う業者の中にはこのような業者もあるので注意が必要です。もし、依頼もしていないのに業者が訪ねてきた場合には、点検をお願いしたり、安易に契約したりしないほうがよいでしょう。

相場より大幅な値引きをする業者は信用しない  

屋根の修理を依頼する前には、相場価格を確認して、どれくらいの費用がかかりそうなのかを把握しておくことが大切です。この相場価格がわからないと、高額な見積書を出されても気がつけないからです。

また、見積もり金額を見て戸惑っていると、値引きを提案してくる場合があります。一般的に適正な価格で見積書を作成している場合、それほど大きな値引きを行うことはありません。

そのため、大きな金額の値引きを提案してくる場合には注意が必要です。この場合、もともとの見積もり金額が高かったり、手抜き工事をして値引きをしようとしていたりする可能性があるからです。

相場価格と比べて大幅に値引きが行われている場合には信用しないほうがよいでしょう。

契約先は見積もりの内訳がある業者にする  

一般的に見積書を作成するときには、工事の工程や工事の範囲、工事の単価がわかるように詳細に記載されています。

しかし、中にはそれぞれの工程や単価を記載せずに、合計金額を一式として記載している場合があります。このような見積書を出す業者には注意が必要です。

一式と記載されていると、必要な工事が行われるのかがわかりませんし、工事ごとの単価が記載されていなかったり、施工する範囲が記載されていなかったりすると金額をごまかされていても気づけないからです。

また、このような見積書の場合、追加で請求されることもあります。

そのため、見積書が提示されたら内容を確認し、工事の工程が細かく記載されているのか、工事の範囲は平方メートルで記載されているか、単価が記載されているかなどを確認しましょう。

費用は修理完了前に全額支払わない  

修理費用の支払いは、工事完了後の支払いが安心して支払える最もよい方法です

業者によっては前払いを指定する場合があります。少額の工事である場合には、前払いを指定されることがあるようです。

高額な支払いの前払いには注意しましょう。悪い業者だと工事完了前に持ち逃げされる場合があるからです。もし、不安であれば後払いに変更できないか、なぜ前払いなのかを質問するとよいでしょう。

また、支払いを工事前工事後の2回に分けて支払う方法もあります。前払いの分を材料費などに充てられるため、小規模な業者に多い支払い方法です。

このように支払い方法にも違いがあるので、業者を選ぶときには金額だけでなく支払い方法も事前に確認しておくとよいでしょう。

相場にあった屋根修理の費用で業者と契約

屋根の修理は、家を長持ちさせるためにも生活を安全に行うためにも必要な工事です。しかし、工事費用は高額になることも多く、そう何度も依頼する工事ではないので、提示された金額が妥当なものかわからない人も多いでしょう。

相場価格がわからないと、騙されたり、手抜き工事されたりする可能性があります。工事でトラブルにあわないためにも、工事の依頼前には相場価格を調べて、優良な業者に工事を依頼しましょう。