無機塗料はなぜおすすめされる?知っておきたいメリットデメリット

外壁塗装で注目を集めているのが無機塗料です。耐用年数が長いなどの特徴をもつ無機塗料は、有機塗料に比べて費用が高くなりがちです。

しかし、大切な家を守ってくれる外壁塗装では、長い目で見れば無機塗装のほうが割安になることもあります。

ここでは、無機塗装の魅力について探ってみます。安心して任せられる塗装業者選びのポイントについても解説いたします。

無機塗料の基礎知識

無機塗料は耐候性の高さから、近年注目を集めている塗料です。そんな注目の無機塗料の基礎知識について解説します。

無機塗料の成分

鉱物やガラスなど炭素を含まない無機物を配合して作られた塗料を無機塗料と言い、紫外線で劣化しない特徴を持つため、半永久的な耐久性がある点が大きな特徴です。

無機塗料はセラミックやケイ素などの無機物が主成分です。無機塗料を100%使用した塗料であれば、半永久的に劣化しない期待もできますが、無機塗料だけでは固すぎて使用できません。

そのため、石油などの有機物を無機塗料に混ぜて、無機塗料の特徴である耐候性を活かしながら使いやすくしているのが現状です。

無機塗料の含有率など、細かな定義が決まっていないことから、ほんの少しでも無機塗料が混ざっているだけで無機塗料とし、高額な費用を請求してくる業者もいるので注意しましょう。

有機塗料との違い  

アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの有機物が使われた塗料のことを有機塗料と言います。無機塗料と言われている塗料でも、外壁に定着させるため有機物が入っているものも一般的に使用されています。

そのため、無機塗料と有機塗料の明確な違いは、成分に無機物を含んでいるかどうかといった点になります。

無機物だけで作られた塗料は、固すぎて塗料として成立しないため、使用できるようにするために有機物を含んでいます。つまり、成分に無機物が含んでいるものを無機塗料と称しているということになります。

無機塗料で外壁塗装をするメリット

注目を集めている無機塗料は、塗装を依頼する業者からおすすめされた方も多いのではないでしょうか。無機塗料を使用して外壁塗装をするとどんなメリットが考えられるのでしょうか。

有機塗料より長い耐用年数  

無機塗料の最大の特徴は、耐候性です。無機塗料で塗装した外壁は、雨や風、紫外線などでの劣化がほとんどありません。そのため、無機塗料を使った外壁塗装は、有機塗料を使用した外壁塗装よりも耐用年数が長いということが言えます。

外壁塗装で使用される有機塗料で、メインで使用されるのはシリコン塗料です。シリコン塗料の耐用年数は10~15年と言われていますが、無機塗料で外壁塗装した場合は、耐用年数が20~25年と、2倍近い耐用年数の違いがあることが分かります。

耐用年数が長ければその分、外壁塗装をするタイミングを遅らせることができるので、大きな費用の出費を抑えることにもつながるでしょう。

不燃性や難燃性に優れている  

不燃性や難燃性とは燃えにくいということを指しています。無機塗料は、鉱物が含まれているため、有機塗料より燃えにくいという性質があります。

無機塗料は、無機物の中に有機物を含ませて作られているため、まったく燃えないということではないので注意しましょう。あくまで燃えにくいというだけで、有機物が含まれている以上、最終的には燃えてしまうということを覚えておかなければなりません。

汚れや変色に強い  

雨や風、紫外線などの影響を受ける有機塗料で外壁塗装をした場合、そのような要因で劣化してしまうことが多いです。

しかし耐候性の強い無機塗料であれば、雨や風、紫外線などの影響を受けづらくなるので、劣化しにくく塗膜が長持ちする傾向があります。

無機物は親水性が高いため、汚れが付着しても雨などで汚れが落ちやすいです。ガラスやタイルに汚れが付着したことを想像するとイメージしやすいでしょう。

静電気が起こりにくい性質も持っているので、ホコリなどを寄せ付けにくく頑固な汚れになる前に洗い流すことができます。

また、はっ水性も高いのでカビができにくいクリーンな外壁を維持することが可能です。

無機塗料で外壁塗装をするデメリット

注目を集めている無機塗料ですが、どの外壁塗装も無機塗料を使用しているわけではありません。その理由には色々な無機塗料のデメリットが関係していると言えるでしょう。メリットだけでなくデメリットもきちんと理解して、外壁塗装に使用するかどうかを検討することがおすすめです。

塗膜が固いからひびが入りやすい  

無機塗料は塗膜が固いのが特徴です。そのため、無機塗料だけで外壁塗装を行えばメンテナンスフリーになってお手入れもラクになるのですが、そういうわけにはいかず有機塗料を含ませて使用しているのです。

塗膜が固いということは、地震や台風などで家が揺れた際に柔軟性が低いということが言えます。そのため、ひびが入りやすいことがデメリットとして挙げられます。

しかし、外壁塗装を行う業者に依頼し、きちんとした工程を踏めばひび割れを起こすことはほとんどありません。地震や台風が多いエリアなどで心配な場合は、無機塗料の中でも塗膜が柔らかいものを使用すると良いでしょう。

外壁塗装に使う塗料の中で単価が高い

無機塗料は、配合されている無機物が有機塗料よりも高価なため、塗料自体も単価が高くなってしまう傾向があります。

塗料単価相場/平方メートル
アクリル1,400~1,600円
ウレタン1,700~2,200円
シリコン2,300~3,500円
フッ素3,800~4,800円
無機4,300~5,500円

表からも分かるように、有機塗料の中でも高価なフッ素が含まれている塗料よりも高い単価となる可能性があることが分かります。

無機塗料の単価は高いですが、耐候性などの性質から耐用年数が長いという特徴を考えると、長い目で見て割安になる可能性もあります。

外壁塗装は一度行ったら終わりではありません。頻度と一度の外壁塗装で必要な費用など総合的にみて判断することが大切と言えるでしょう。

無機塗料による塗装には技術が必要  

無機塗料に限らず、外壁塗装では正しく塗料が塗装されないと剥がれやすくなってしまうものです。特に、塗膜が固く扱いが難しい無機塗料は、一つ一つの工程を間違えずに、手を抜かずに丁寧に行う必要があります。

高品質な作業をしてくれる業者に依頼したいものですが、資格などを必要としない外壁塗装では、安心して任せられる業者探しも大切なポイントと言えるでしょう。

安心して任せられる技術を持った業者に依頼するには、複数の業者に事前に見積もり依頼をしてみるのもおすすめです。

使う無機塗料を厳選しないと長持ちしない

無機塗料は塗膜が固いため、有機塗料を混ぜて使用するのが一般的です。しかし、無機塗料には無機物の含有量を示す定義などはありません。

そのため、無機物がわずかしか入っていなくても、少しでも入っているということで無機塗料として売られているものがあります。

質が悪いと無機塗料と言っても耐久性は有機塗料のシリコンやフッ素の塗料とあまり変わらない可能性もあります。

良質な無機塗料を選ぶには、無機塗装の実績がある大手塗料メーカーの商品を選んだり、紫外線に当てて劣化度合いを見る試験の結果がカタログなどに掲載されている商品を選んだりするのがおすすめです。

外壁塗装におすすめの無機塗料3選

無機塗料を使った外壁塗装をする際には、無機物の含有率を把握しておくことが大切です。ここでは、大手メーカーの塗料で、カタログなどで耐久性が紹介されている塗料をご紹介します。

日本ペイント「ニッペ パーフェクトセラミックトップG」

戸建住宅や集合住宅、店舗や工場・倉庫、オフィス・商業ビルや学校・病院・福祉関係など幅広い建物の外壁に使用することができます。

有機塗料であるフッ素塗料よりも高い耐候性を実現した無機塗料です。専用の中塗り塗料と組み合わせて使用すると、よりツヤのある美しい発色を発揮してくれます。

単価は1m平方メートルあたり4,160円です。

エスケー化研「スーパーセラタイトF」

建物の外壁はもちろん、内装の塗装にも使用することができる無機塗料です。他の液剤と混ぜる必要がない塗料なので、混ぜる際の計量や調合などの手間がありません。

また、水性の無機塗料になるので作業中の溶剤中毒や火災の心配もなく、安心して使用することができます。

単価は1平方メートルあたり2,900円です。

KFケミカル「KFワールドセラ」

さまざまな外壁に対応している無機塗料です。無機物を30%以上含んだ無機塗料なので、有機塗料の弾力性と無機塗料の強い塗膜を合わせ持つ塗料になっています。

沖縄県宮古島で強い紫外線を与え続ける試験では、高い光沢を維持する結果が出、高い耐候性を証明しています。

単価は1m平方メートルあたり4,900~6,300円です。

無機塗料で外壁塗装をする業者の探し方

無機塗料を使って外壁塗装をする場合、塗膜が固いのでしっかりとした技術を持った業者に依頼すると安心です。数ある塗装業者の中から、信頼できる業者の探し方をご紹介します。

優良な業者の絞り込みに一括見積もりサービス  

複数ある塗装業者の中から優良な業者を絞り込むには、一度に複数社に見積もり依頼ができるサービスを利用するのがおすすめです。

このような一括見積もりサービスでは、独自の基準で業者が厳選されているので、悪質な業者にあたるリスクを低くすることができます。

また、複数社からの相見積もりをすることで、外壁塗装の相場を把握することも可能になり、妥当な見積もりを提示している業者に絞り込むこともできます。

いきなり一社に絞って相談するよりも、複数社に見積もり依頼をし、提示された金額や提案内容などをしっかりと比較検討することが大切です。

透明性がある見積もり結果を出してくれる

複数社から見積もりを提示されたら、金額はもちろんチェックする必要がありますが、工事の内容が細かく記されているのかもチェックしましょう。

工事の内容ごとに単価が明記されているとベストです。適正な工事内容、適正な工事価格にするためにも大切な手順とも言えます。

見積もりが一式や諸経費といった表現で一括りにまとめられているような業者は避けましょう。細かい見積もりを提示してもらうことを考慮すると、4~5社程度で比較するのがおすすめです。

その中から、透明性が高い見積もりを提示してくれる業者により細かな相談をしてみるのも良いでしょう。

契約を結ぶのは担当までチェックしてから  

安心して任せられる業者を選ぶためには、担当者がどんな人かもチェックしておく必要があります。こちらの要望をしっかりと聞いてくれるか、親切丁寧に説明をしてくれるかといった担当者の反応をみてみましょう。

実際に話してみて信用できるかという点がポイントです。高額な費用をかけて外壁塗装を依頼するのだから、不信感を抱くような業者を選ぶべきではありません。

優良な業者は、お互いが納得して契約を交わし、安全に工事を進めていきたいと考えているところが多いです。素人には分かりにくい専門用語を使って説明をするようなことはせず、分かりやすく細やかな説明をしてくれるところが優良業者です。

無機塗料の外壁塗装で長持ちする家

外壁塗装はこの先10年15年と住み続ける自宅を守ってくれるものでもあります。外壁塗装の頻度を下げたり、より上質な外壁塗装してもらうには、無機塗料を使用するのがおすすめです。

注意しなければならない点は、無機塗料と言っても有機塗料が含まれているものがほとんどで、その含有率は明確に定義されていないという点です。

有機塗料よりも無機塗料の含まれる量がはるかに少ない場合でも、わずかに含まれていれば無機塗料と呼ばれてしまいます。

せっかく有機塗料よりも高額な費用をかけて無機塗装をしても、耐用年数が短かったということにならないよう、信頼できる業者に外壁塗装をお任せするのが安心です。

複数社で相見積もりをしたり、担当者の人柄をチェックしたりと、信頼できる業者を探すことが、満足のいく外壁塗装を施せるかどうかに関わってくると思っておきましょう。

大切な家を守ってくれる外壁塗装は、納得のいく価格で、安心して任せられる業者に依頼するのがベストです。