トタン屋根の修理費用はいくらかかる?業者選びから節約方法まで解説

以前は、瓦と同じくらい人気が高かった屋根素材がトタンの屋根です。近年はさまざまな屋根の素材が登場したために、新築物件でトタン屋根を選ぶ方は少なくなりました。しかし、中古物件ではトタン屋根の物件もまだまだ多く、トタン屋根の修理を考えている方もたくさんいます。

この記事では、トタン屋根の修理をお考えの方に向けて、トタン屋根を修理する方法にはどのような選択肢があり、それぞれの方法でどのくらいの費用がかかるのか、具体的にわかりやすくお伝えします。また、修理のための費用を節約するためのコツも共有します。ぜひ参考にしてみてください。

トタン屋根は4種類の方法で修理

トタン屋根の修理方法には、全て葺き替える、カバー工法、部分的な修理、塗装のみの4つの方法が選択肢として考えられます。それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。こちらでは、それぞれの修理方法について詳しく解説します。

屋根を一から新しくするなら葺き替え

トタン屋根を一度、全て取り外して全く新しい屋根に葺き替える、という選択肢があります。トタン屋根は亜鉛メッキ鋼板でサビが生じやすいのが最も大きなデメリットです。定期的な塗装でサビを防いでいたとしても、いずれは塗装と部分的な修理だけでは対応できなくなってしまいます。そうなってしまったトタン屋根は全面的に葺き替えるしかなくなるのが一般的です。

トタン屋根を丸ごと新しくしてしまう方法は、葺き替えの他に次にご紹介するカバー工法もあります。カバー工法と比較した場合の葺き替えのメリットは、下地も修繕できるという点です。

屋根の下地からしっかりと修繕できるので、その後も長く住み続けられます。現在はトタン屋根を葺き替える場合には、トタン屋根ではなく、メンテナンスが簡単で耐久性がトタンよりもあるガルバリウム鋼板の屋根への葺き替えが一般的です。

葺き替えより手間がかからないカバー工法

緊急でトタン屋根を全面的に修理する必要があるけれども、そう長く住み続けるわけではないという場合には、カバー工法がおすすめです。

カバー工法とは、トタン屋根の上から新しい屋根をかぶせて取り付けてしまう方法です。古い屋根を取り外す手間と、下地を修繕する手間が省けるので、全面的な葺き替えよりも手間がかからずにコストも安くすみます。

しかし、下地が損傷している場合にはカバー工法では対応できず、また今ある屋根の上にさらに屋根をかぶせるので、家の重量が増してしまいます。柱にかかる負担が大きくなり、耐震性が低くなる可能性があります。

家を長く大切に使いたいのであれば、費用と手間をかけても葺き替えをおすすめします。

トタン屋根の傷みが一部だけなら部分修理

トタン屋根の傷みが部分的であれば、部分修理ですむ場合もあります。サビてしまった部分や、めくれてしまったところだけ補修したり、葺き替えたりするのが部分補修です。

費用は補修の内容や工数によって変わりますが、5万円程度からと、その他の修理方法に比べると格安ですみます。ただし、年数がたっているトタン屋根の場合には、部分的な補修だけではいずれ対応できなくなってきます。部分的な補修では対応できなくなったら、本格的な葺き替えかカバー工法を検討する必要があります。

トタン屋根のサビ対策なら塗装

トタンは金属板にメッキをしてあるだけなので、サビが生じやすいのが最も大きなデメリットです。しかし、サビがまだ大きく広がっておらず、簡単なサビ止めだけで食い止められる程度であれば、屋根の塗装だけですみます。

トタン屋根に塗装をする場合には、生じたサビを落としたうえでサビ止めを施して、その上から塗装します。

費用は40万円から80万円ほどかかります。塗装の耐久性は使われる塗料の種類によって変わります。トタン屋根の場合には、耐久性が低いウレタン塗料が密着性が高く適していると言われていて、5年から7年程度で塗直しが必要になります。

種類別の修理費用の相場

トタン屋根の修理をお考えの方の中には、それぞれの修理方法でどのくらいの費用がかかるのか気になっている方もいるでしょう。トタン屋根を修理した場合にかかる費用の内訳について詳しくお伝えします。

トタン屋根の葺き替えの費用

トタン屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えた場合の、とある業者でかかった費用は次の通りです。

内訳1平方メートル当たり単価総額
足場代 15万円
屋根撤去代1,600円16万円
下地処理代2,650円26万5,000円
屋根材代6,000円60万円
軒部分板金加工費1,500円15万円
合計 132万5,000円

なお、ガルバリウム鋼板以外の素材に変更する場合もあります。素材別の1平方メートル当たりの単価の相場は次の通りです。

屋根材の種類1平方メートル当たり単価

ガルバリウム

6,000円~9,000円
コロニアル(スレート屋根)4,500円~8,000円
樹脂・セメント(スレート屋根)9,000円~
8,000円~12,000円
本瓦50,000円~
銅板18,000円~20,000円

トタン屋根のカバー工法の費用

既存のトタン屋根の上から、ガルバリウム鋼板の屋根と新しい下地をかぶせるカバー工法を行った場合の、費用の内訳の例です。

内訳1平方メートル当たり単価総額
足場代 15万円
下地処理代2,650円26万5,000円
屋根材代6,000円60万円
軒部分板金加工費1,500円15万円
合計 116万5,000円

古い屋根の撤去費用が必要ない分だけ費用を節約できます。

トタン屋根の部分修理の費用

部分修理の場合の費用は、修理する部分の面積によって変わります。部分修理の相場は1平方メートル当たり4,000円程度です。修理する部分が広くなれば広くなるほど、費用がかかってきます。

また、高所や勾配が急な屋根の場合には、足場が必要になります。足場が必要になる場合には、15万円から20万円の足場代が別途かかります。

トタン屋根の修理が必要になる原因が、台風の場合には、加入している火災保険が風災に対応していれば保険の対象になります。保険の契約内容を確認して、保険会社に問い合わせをしてみましょう。

トタン屋根の塗装の費用

トタン屋根を塗装する場合の費用の内訳の例は次の通りです。

内訳1平方メートル当たり単価総額
足場代 15万円
高圧洗浄代200円2万円
下地処理代500円5万円
塗料の材工価格(シリコン塗料)2,300円23万円
合計 45万円

塗料の材工価格は使う塗料の種類によって次のように変わります。単価が高くなり、グレードが高くなればなるほど耐久性に優れています

塗料の種類耐用年数1平方メートル当たり単価解説
アクリル樹脂5年~6年1,400円~1,600円屋根や外壁の塗装にはあまり使われない
ウレタン樹脂6年~8年1,700円~2,200円防水性が高く、トタン屋根によく使われる
シリコン樹脂8年~12年2,300円~3,000円費用対効果が高く、現在の外壁や屋根の塗装では最も人気が高い
ラジカル塗料10年~15年2,500円~3,000円シリコン樹脂とおなじくらいの費用で耐用年数が長い
フッ素樹脂15年~20年3,800円~4,800円樹脂としては最も高額で耐用年数が長い
光触媒塗料15年~20年4,200円~5,000円太陽光に反応して自己洗浄する
無機塗料20年~25年4,500円~5,000円紫外線の影響を受けにくく耐用年数が長い

トタン屋根修理で業者を選ぶ注意点

トタン屋根の修理を適切な価格でしっかりとできるかどうかは、業者選びにかかっていると言っても過言ではありません。こちらでは、屋根の修理業者を選ぶときの注意点についてお伝えします。

修理方法に合った専門業者に依頼

4つの修理方法があるということでお伝えしましたが、それぞれの修理方法によって専門とする業者が違います。全面的な葺き替えやカバー工法であればリフォーム業者、部分的に穴をふさぐといった修理なら板金業者、塗り替えなら塗装業者です。依頼する先を間違えてしまうと、全く必要のない修理をしてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

見積もりの費用で内訳がない業者は避ける

とても残念なことですが、屋根の修理業者の中には、依頼する側の知識が少ないことに付け込む悪徳業者も少なくありません。悪徳業者に引っかかってしまったら、必要以上の金額を請求されたり、必要のない工事をされてしまったりします。

悪徳業者に引っかからないようにするためには、見積書をしっかりと確認することが大切です。見積もりの費用に内訳と単価がしっかりと書いてあり、その単価がインターネットで調べた場合の一般的な相場と大きく食い違わない場合には安心できます。

内訳がなく「一式」などと記載している業者は、内訳を出せない理由が何かあります。そういった業者は避けるようにしましょう。

口コミや実績までチェック

他の業者よりも安い価格を提示する業者に飛びついてしまいがちです。しかし、人件費と材料費は相場の価格があり、節約することはできません。

他の業者よりも安すぎる価格を提示してくるということは、何かやるべき工程を抜いているか、使う材料のグレードを落とすか、量を減らしている可能性があります

例えば、塗装であれば塗料を2倍に薄めて2度塗りするところを3倍に薄めて1度しか塗っていない、といった手抜きをしている可能性があります。

業者のホームページには必ず今までの実績が記載されているはずです。また口コミなども調べてみて、本当に安心できる業者かどうかをよく確認しましょう。

トタン屋根の修理費用を節約する方法

トタン屋根を本格的に修理するのであれば、費用が高額になる全面的な葺き替えかカバー工法が必要です。できる限りトタン屋根の修理費用を節約する方法についてお伝えします。

トタン屋根の修理を複数の業者で見積もり

トタン屋根の修理の見積もりは必ず複数の業者から取り寄せるようにしましょう。1社だけではその価格が妥当な価格なのかどうかが判断できません。

複数の会社から取り寄せることで、相場を把握して、業者ごとの工事の内容の違いも比較できます。一括見積もりサイトを利用すれば、一度の入力の手間だけで簡単に複数の会社からの見積もりを取り寄せられます。ぜひ一括見積もりサイトを利用してみましょう。

災害によるトタン屋根の修理に火災保険

トタン屋根がめくれてしまったり、穴が開いてしまったり、修理が必要になった理由が、台風であれば火災保険が利用できる場合があります。

火災保険の風災の対象になれば、修理金額を火災保険でまかなうことができます。火災保険の申請ができるのは、災害が起きてから3年以内です。3年以内の被害であれば、火災保険の適用対象となります。

申請する場合には、契約している火災保険の保険会社もしくは保険代理店へ連絡を入れた上で、修理業者に見積もりを依頼します。

保険会社から必要な書類が送られてくるので、保険金申請書や事故状況説明書などを記入して返送します。工事の契約は、保険の申請が承認されてから行うようにしましょう。

耐震や省エネのリフォームで補助金

自治体によっては、耐震化やエコ化のリフォームには補助金制度を設けている場合があります。断熱性のある塗料での塗装や、瓦屋根を軽いスレート屋根にして耐震性を高めるといった屋根のリフォームが対象になります。

屋根の修理を補助金の対象にできないかどうかは、修理業者に相談してみると良いでしょう。補助金は工事が始まる前に申請する必要があるので、できるだけ早くお住まいの自治体の補助金について調べてみましょう。

一時的な出費の節約にローン

トタン屋根の総葺き替えやカバー工法では100万円前後の費用が掛かります。一括して支払うことができれば問題ありませんが、なかなか難しい場合もあるでしょう。

トタン屋根の修理は行うべき時にしっかりと直さないと、雨漏りなどが発生して、家の寿命を短くしてしまいます。

どうしても修理費用を捻出できない場合には、ローンの活用も検討しましょう。利子の分だけ支払総額は増えますが、一時的な出費を抑えることはできます

修理会社によってはローンの紹介もしてくれる場合があります。業者にまずは相談してみましょう。

応急処置だけでよいならDIY

トタン屋根に穴が開いてしまって、とにかく今すぐ雨漏りをどうにかしたい、という場合には自分でも応急処置だけならできます

トタン屋根の応急処置の方法は、まずは雨漏りの場所が特定できている場合には、その場所を防水テープで防ぎます。屋根の汚れをよく雑巾で拭き取り、防水テープをしっかりと貼ります。

雨漏りしている場所がよくわからない場合には、屋根全体をブルーシートで覆います。屋根にブルーシートをかぶせたら、四隅を土のうで固定して、テープで貼ります。

トタン屋根の修理費用の節約は業者の厳選から

トタン屋根の耐久性は15年程度といわれています。軽くて安いのがトタン屋根の大きなメリットですが、こまめに修繕をしないと雨漏りなどの問題が発生しやすいのがデメリットです。

トタン屋根をしっかりと修理するためには、信頼できる業者を見つけることが大切です。一括見積もりサービスを利用すれば、あなたの予算を聞いたうえで、最適な修理方法を提案してくれる修理業者が必ず見つかります。まずは一括見積もりを依頼してみましょう。