ガルバリウム鋼板とはどんな素材か?特徴やメンテ方法を徹底解説

ガリバリウム鋼板は、サビに強い金属板です。サビに強いですが、サビないわけではないのでこの点には注意が必要です。ただ、デザイン性に優れており、耐久性も高い点から建築業界でも注目されていることは事実です。

そこでこの記事では、ガリバリウム鋼板の特徴やメンテナンス方法について詳しく解説します。

ガルバリウム鋼板とはどんな素材か

ガリバリウム鋼板といわれてもピンとこない人も多いでしょう。実際に自宅に使用されていても気が付いていない人もいるかもしれません。ここからは、ガリバリウム鋼板の特性や素材の特徴について解説します。

アルミニウムと亜鉛がメインの鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンが合成されたアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。配合比率については、アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%とされています。配合率から見てもわかる通り、ガルバリウム鋼板のメインは、アルミニウムと亜鉛です。

亜鉛の犠牲防食機能とアルミニウムの耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性の特性を生かした鋼板である点も特徴といえます。

ガルバリウム鋼板の建材としての用途

ガルバリウム鋼板は、屋根や外壁をメインに建材として使用されることがほとんどです。これ以外には、サッシやドア、間仕切り、ダクトやパイプ材、ビニールハウスの骨組みなどにも使用されています。

建材以外では、家電製品に用いられることもあります。洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、オーブンなどが主な使用用途となっています。

ガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使うメリット

ガルバリウム鋼板を建材として利用すると、大きなメリットがあります。ここでは、具体的に5つのメリットについて解説します。

耐久性がありサビにくい

ガルバリウム鋼板は、金属で構成されていますがサビにくいという特徴があります。建材のサビは外観を損なう大きな要素です。そのため、建材としてサビにくいという点は大きなメリットといえるでしょう。ただし、サビないわけではないため、メンテナンスは必要です。

トタンが5〜10年程度の耐久性とすれば、ガルバリウム鋼板は10〜20年と長い寿命を誇ります。屋根でいうとトタン屋根よりもガルバリウム鋼板は、3〜6倍の耐久性を誇るともいわれています。塗装をすれば塗膜が張られることでさらにサビにくくなるといえます。

軽量なので耐震性がある

ガルバリウム鋼板は、薄さ1〜3mmと建材の中でもかなり薄い金属です。瓦と比較すると1/10程度の重さといわれています。つまり、家の躯体への負担が減るため、ほかの素材と比べて耐震性が上がるというメリットがあります。

耐熱性があり熱の反射性もある

熱反射率の高いガルバリウム鋼板は、表面温度が上昇しにくいという特徴があります。さらに塗料として「遮熱塗料」を利用すると、太陽の光を反射して室内の温度を抑える効果が期待できます。ただし、断熱作用はないため外壁自体の温度は上昇する点には注意が必要です。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富な点もガルバリウム鋼板のメリットです。自宅のデザイン性をアップさせることができるため、重厚感を出したり、黒を使ってクールな印象を演出したりすることも可能となります。めっき層中の亜鉛含有量が多いため亜鉛版と同等の塗装が可能である点も、カラーバリエーションが豊富な理由と言えるでしょう。

勾配が浅い屋根でも設置できる

屋根にガルバリウム鋼板を利用する上でのメリットは、浅い勾配でも設置できる点です。屋根は水はけを確保するために、ある程度の勾配をつける必要があります。使用する建材によって水はけ能力が異なるため、最低限必要な屋根勾配が異なります。本来使用できない屋根材を無理やり使用してしまうと雨漏りなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。

その点、ガルバリウム鋼板は、ほかの屋根材と比較して水はけ能力が高いため、瓦やスレートでは対応できない浅い勾配の屋根にも設置できるというメリットがあります。

ガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使うデメリット

ガルバリウム鋼板には、多くのメリットがあります。ただし、デメリットもあるためよく理解しておくことが大切です。ここでは、具体的に3つのデメリットについて解説します。

導入やメンテナンスが高額になりやすい

ガルバリウム鋼板を使用する場合、下処理として接触や湿気の対策が必要になるため、施工コストが高くなる可能性があります。さらに、施工には高い技術が必要となるため本職の業者を探すのも難しい上、メンテナンスも塗装の難易度が高いためコストアップに繋がる点はデメリットといえるでしょう。

傷の付きやすさ

ガルバリウム鋼板は、軽くて耐久性が高い点がメリットです。ただ逆を考えると素材が薄いため傷つきやすいというデメリットがあります。強風で屋根材がはがれてしまったり、飛来物が当たったときにへこんだりしやすい特徴もあります。風が強い地域や、潮風が吹く沿岸地域では傷みが進む速度が通常よりも早くなる可能性は考慮しておきましょう。

ガルバリウム鋼板はメーカー保証が使いにくい

ガルバリウム鋼板は、耐久性が高く耐震性にも優れるというメリットの多い建材です。建材には10〜15年のメーカー保証がつけられているケースがほとんどです。ただし、この保証の範囲がとても厳しいという点がデメリットと考えられます。

サビや穴あきに対する保証は比較的、保証されやすいケースです。ただ、強風や台風などで飛来物がぶつかった場合などの不慮の事故や経年劣化は保証の対象外となることがほとんどです。さらに現場加工をしてしまうと保証の対象外となるケースが多い点にも注意が必要です。切断などを行なった場合、切断面にはメッキが施されていないと判断されるために、防サビ効果がなくなっている状態と考えられるからです。

ガルバリウム鋼板の住宅にかかる費用

では、具体的に住宅建築にガルバリウム鋼板を導入した場合には、どの程度の費用がかかるのでしょうか。導入する場所別にかかる費用の相場について解説します。

ガルバリウム鋼板で屋根をリフォームする場合

ガルバリウム鋼板で屋根をリフォームする際の費用についてみていきましょう。ガルバリウム鋼板で屋根をリフォームする方法は大きく分けて3種類あります。葺き替え、カバー工法、塗装が主な方法となります。それぞれの費用の相場についてまとめておきます。

葺き替えの場合は、平米単位で計算します。素材やメーカーによって費用は異なりますが、おおよそ7,000〜10,000円/平方メートルが相場とされています。たとえば、ガルバリウム鋼板を葺き替える屋根の面積が約50〜150平方メートルだとすると総額は、おおよそ58〜225万円となります。これには、足場の費用やもともとあった屋根の撤去、ガルバリウムの下地作業費用なども含みます。

カバー工法の場合は、おおよそ10,000〜15,000円/平方メートルが相場とされています。足場の設置費用はおおよそ10〜20万円が相場とされているため、100平方メートル程度の屋根をカバー工法でリフォームした場合の費用は90〜110万円程度と考えられます。

塗装でリフォームを行う場合は、おおよそ1,000〜1,200円/平方メートルが相場とされています。これに足場の設置費用や下地処理費用、養生費用などをプラス必要があります。さらに塗料の性能によって価格が異なる点にも注意が必要です。

ガルバリウム鋼板で外壁をリフォームする場合

ガルバリウム鋼板で外壁をリフォームする際の費用についてみていきましょう。ガルバリウム鋼板で外壁をリフォームする方法は大きく分けて2種類あります。張り替え、カバー工法が主な方法となります。それぞれの費用の相場についてまとめておきます。

張り替えの場合は。、おおよそ140〜270万円が相場とされています。施工面積や既存の外壁の種類、新しく使用するガルバリウム鋼板のグレードなどによって価格が変動します。

カバー工法の場合は、おおよそ120〜225万円が相場とされています。カバー工法は、既存の外壁の上に新しい建材を張り付けます。工事を行う面積や外壁材のタイプによって費用が変動します。ただし、既存の外壁材を処分しなくてよい分、少し安い価格で施工することができる点が特徴です。

ガルバリウム鋼板の定期メンテナンスをする場合

ガルバリウム鋼板は定期的にメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスに必要な費用についてみていきましょう。ガルバリウム鋼板のメンテナンスについては、劣化状況によって方法が異なります。メンテナンスについては、塗装や葺き替えを行う方法と部分的な補修を行う方法があります。ここでは、一般的な木造2階建ての物件をメンテナンスした場合の相場について解説します。

塗装でメンテナンスを行う場合の相場は、外壁で30万円〜、屋根で80万円〜となります。塗料のグレードや劣化の状態、足場の必要性に応じて追加費用がかかることがあります。

屋根を葺き替えでメンテナンスする場合の相場は、100万円〜とされています。塗装できないほどの穴が空いているなどの状況の場合には、カバー工事で80万円〜となります。外壁については、張り替えで200万円〜で、カバー工事の場合で150万円〜となります。

窓周りや部材のつなぎ目などの部分的な補修を行う場合は、1箇所あたり3万円〜となります。完全に交換してしまう場合には、1枚あたり5万円〜が相場となります。

ガルバリウム鋼板の取り扱い業者を選ぶ注意点

ガルバリウム鋼板の施工は自分で行うには、高い技術力を必要とするため業者に依頼する方法がベストです。特に高い技術を要するため、施工業者を選ぶ際にはいくつかのポイントを押さえて選ぶことが重要となります。そこでここからは、ガルバリウム鋼板の施工業者を選ぶ際の注意点について解説します。

ガルバリウム鋼板の取り扱い実績があるか

重要なポイントは、ガルバリウム鋼板の施工実績があるかどうかという点です。繰り返しになりますが、ガルバリウム鋼板の施工は、高度な技術が要されるため実績のない業者に依頼するとトラブルを招く恐れもあります。適切な施工がされないと、すぐにサビてしまったりする可能性が高まります。

適切なガルバリウム鋼板を提案してくれる

業者から説明を受ける際に着目しておきたいポイントを解説しておきます。ガルバリウム鋼板はメーカーごとに特性があります。そのため、それぞれのメリット・デメリットをきちんと解説してくれるかどうかは重要なポイントです。たとえば、以下のような点を解説して、適切な提案をしてくれる業者かどうかを見極めましょう。

主なメーカーのガルバリウム鋼板の種類についてまとめておきます。

ニチハ赤サビへの10年保証付きiシリーズ、プレミアムシリーズ、t-colorシリーズ、モノカラーシリーズ、ベーシックシリーズ、両面鋼板シリーズ
旭トステム新築からリフォームまで対応可能スチール超深絞り、スチール深絞り、スチールニュースタンダード、スチールスタンダード、アルミ深絞り、アルミスタンダード
ケイミュー高耐久、継承、耐食性が特徴はる・一番、スマートメタル
アイジー工業外壁・屋根の両方で使用可能シンプルモダンシリーズ、ナチュラルシリーズ、ベーシックシリーズ、スーパーガルテクトフッ素、スーパーガルテクト、スーパーガルテクトC
日鉄住金鋼板マグネシウムを含有したシリーズもあるタイマフロンGL、テラコット、ネオタイマー、ネオシルキー、エスジーエル、ニスクカラー、ニスクフロンSGL、耐磨カラーSGL、ハイレタンSGL

費用の見積もりは複数社で比較をする

ガルバリウム鋼板の施工を行う場合、事前に見積もりを取っておくことが大切です。その際、1社だけでなく複数社で見積もりを取って比較しましょう。1社だけでは費用が妥当かどうか判断できないからです。複数社に見積もり依頼を出して、相場を把握してから業者を絞り込むことが大切です。

塗装の施工業者を探したい場合には、外装塗装業者紹介サービス「Excite外壁塗装」がおすすめです。独自の審査基準を満たした優良塗装店のみが登録されており、一括で複数の見積もりを取ることが可能です。

特徴を理解しリフォームでガルバリウム鋼板を選択

ガルバリウム鋼板を利用する場合には、特徴をよく理解して選択することが重要です。高い技術を必要とする施工となるため、信頼できる業者をしっかりと選んで工事を行いましょう。

業者を選ぶ際には、複数社に見積もり依頼を出して価格相場をきちんと把握することも大切です。多くのメーカーがガルバリウム鋼板を展開しているため、それらの特徴やカラーバリエーションなどについてもきちんと説明できる業者を選ぶことも大切なポイントです。