屋根瓦の修理で後悔をしない!最適な方法やDIYの注意点とは

屋根瓦の修理は、規模の大きな工事になりそうでなかなか踏み出せずにいる人も多いでしょう。ただ、屋根瓦の破損をそのままにして修理を先延ばしにしていると、雨漏りが起きる可能性が高くなります。被害を拡大させないためにも早めの修理をおすすめします。

そこでこの記事では、屋根瓦の修理で後悔しない方法について解説します。業者に依頼する方法やDIYの方法についてまで幅広く解説しますので参考にしてください。

屋根瓦の修理は先延ばしで被害が拡大

自宅の屋根瓦に傷みや破損を見つけた場合は、できるだけ早めに修理を行うことをおすすめします。屋根瓦に傷みがあると、破損部分の瓦が落下してケガをする可能性が高まります。

ケガだけでなく瓦が割れたりなくなってしまっている部分から雨漏りが起きることもあります。このように屋根瓦の修理を先延ばしにしているとさまざまな被害が拡大するリスクが生じます。

屋根瓦の修理方法と費用の相場

屋根瓦にはいくつかの修理方法があります。修理の方法によって費用は変動します。事前に正確な相場を調べておくことで後悔しない修理を行うことができます。ここでは、屋根瓦の修理方法と費用の相場について解説します。

屋根瓦を新品にする葺き替え

屋根瓦を葺き替えるという場合、屋根を下地から修理して屋根材も新しくすることを指します。屋根材が新品になることで外観も一新されて印象がガラリと変わるでしょう。では葺き替えにはどの程度の費用が必要となるでしょうか。1平方メートルあたりの日本瓦の単価と、葺き替えトータルの相場を紹介します。

屋根材の種類1平方メートルあたりの費用相場
日本瓦おおよそ9,500円
スレートおおよそ5,500円
ガルバリウム鋼板おおよそ6,000円
セメント瓦おおよそ7,000円
テラコッタ瓦おおよそ15,000円
トタンおおよそ4,000円

瓦には上記のようにさまざまな種類があります。瓦材の費用だけでなく、葺き替えの場合には既存屋根の撤去費用や足場の費用が必要となります。30坪の住宅で屋根面積が100平方メートルの場合の費用相場についてまとめておきます。

工事内容費用の相場
既存屋根の撤去200,000〜300,000円
足場の組み立て費用60,000〜150,000円
下地補修200,000〜400,000円
防水シート50,000〜100,000円
役物工事50,000〜400,000円

この表から算出すると瓦屋根の修理にかかる費用は、工賃だけで100万円を超えることもあることがわかります。

既存の瓦を使う葺き直し

葺き直しは、屋根の下地だけを修理して屋根材を再利用する修理方法です。瓦が新しくなるわけではないため外観的な変化はありません。吹き替えを行うよりは安くすむ点がメリットです。既存の瓦の種類によってかかる費用が異なるため簡単にまとめておきます。

瓦の種類費用相場
日本瓦650,000〜2,850,000円
セメント瓦550,000〜1,950,000円
スレート450,000〜1,500,000円
トタン450,000〜1,500,000円
ガルバリウム鋼板585,000〜2,250,000円

費用には足場代や防水シート、下地の補修費用などが含まれています。

必要な部分だけの修理

屋根瓦の修理は、全面的な改修だけでなく必要な部分だけの修理を行うこともできます。瓦のズレや部分的な破損、漆喰(しっくい)の修理、釘の打ち直しなどがこれにあたります。それぞれの修理にかかる費用の相場を整理しておきましょう。

工事内容価格・単価工期
瓦のズレの補修
15平方メートル以上の場合2,000円/平方メートル1〜3日
15平方メートル未満の場合20,000円〜1〜2日
漆喰の塗り替え
棟面戸漆喰(片面)4,000〜5,000円/m1〜5日
土居のし、軒先面戸漆喰2,000円/m1〜3日
谷板金の交換
15平方メートル以上の場合20,000円〜1〜3日
棟の取り直し
のし瓦3段程度の場合10,000〜15,000円/m1〜2日
のし瓦が1段増すごとに2,000円/m追加1〜3日

問題箇所はそのままのカバー工法

屋根瓦はカバー工法を利用して修理する方法もあります。カバー工法は、重ね葺きとも呼ばれることもあり、既存の屋根を解体せずに防水シートと新しい屋根材を乗せる工法のことです。屋根瓦の上から新しい屋根を取り付けるので、既存の瓦の撤去や廃棄費用がかからず、費用が節約できる点はメリットといえます。具体的には、費用相場が80〜120万円とされています。

ただし、カバー工法の場合、家の構造によって新しい屋根の重量で耐震性が低下するおそれがある点には注意が必要です。さらに、既存の屋根をはがすことがないため下地に問題点があっても見落としてしまう可能性が高くなります。そうなると問題点を根本的に修繕することはできず、カバー工法を行ってから数年で基盤が崩壊してしまうという可能性もあります。

屋根瓦の種類別の特徴と耐用年数

屋根瓦にはさまざまな種類があります。粘土瓦、スレート瓦、金属瓦のそれぞれに特徴があるためどの素材を使用するかによって耐久性や耐用年数にも違いが出てきます。ここからは屋根瓦の種類別の特徴と耐用年数について解説します。

耐久性に優れた粘土製の瓦

一般的に瓦と呼ばれる和瓦は、焼き方や表面の加工法によって種類が細かく分かれます。大きく分けると粘度系、セメント系、コンクリート系の3種類です。具体的には、陶器瓦やいぶし瓦、素焼瓦などがあります。瓦の大きな特徴は耐久性に優れているという点です。初期費用はほかの屋根材に比べて高額ですが、耐用性は50年程度とされていて、メンテナンスにかかる費用も安くすむという魅力もあります。

さらに、防音性の高さ、デザイン性の高さも魅力のひとつです。昔に比べて瓦もカラーバリエーションが豊富になっているため和風の家だけでなく洋風の家でも瓦を使用する人が増えています。ただし、衝撃に弱く割れやすいという点がデメリットであることは覚えておきましょう。

安さが魅力のスレート

スレートの魅力は、材料費が安い点にあります。一般的に使用されているものは化粧スレートと呼ばれる屋根材です。厚さが5〜7mmと薄く軽量な点も特徴です。生産量と流通量が多いため業者としても扱いやすく、施工費用も安くすむ点も魅力といえます。さらに軽量である点から耐震性にも優れ、重量のある粘土瓦から葺き替える人も増えています。

スレートのデメリットとしては、紫外線に弱い点が挙げられます。劣化しやすく、メンテナンスにコストがかかる点には注意が必要です。ほかの屋根材と比較すると水分が定着しやすいため塗膜のはがれや苔の付着なども起こりやすくなっています。そのため定期的なメンテナンスが必要となるでしょう。目安としてはおおよそ10年程度でメンテナンスを行うことをおすすめします。

耐震や防水対策に金属瓦

昔でいうトタン屋根が金属瓦の一種です。最近ではガルバリウム鋼板と呼ばれる素材が主流となっています。金属瓦のメリットは、粘土瓦の1/10の重量で軽量である点です。軽量な屋根材であるため耐震性がアップする点もメリットといえます。もうひとつの特徴は、防水性の高さにあります。金属瓦は屋根材と屋根材の間に隙間ができにくいため防水性が高くなる点が魅力です。

金属瓦のデメリットとしては、薄い金属であることで断熱性が低い点にあります。また傷や凹みに弱くサビやすいという特徴もあります。耐用年数としては20〜30年が目安ですが、金属であるため海沿いなどでは15年程度が目安となるでしょう。

同程度の耐用年数のセメントやコンクリートの瓦

20~30年程度の耐用年数の屋根材としては、セメントやコンクリートの瓦が挙げられます。セメント瓦はカラーバリエーションが豊富な点が魅力です。ただ、色褪対策と防水性の確保のために10年を目安に塗装のメンテナンスが必要となる点が注意点です。

コンクリート瓦は、防水性や耐熱性にはすぐれています。見た目はゴツゴツとしていますが重厚感があり、和風でも洋風でも使用できる点は魅力です。厚みがあるため雨音などが気にならない点も特徴です。

屋根瓦の修理はDIYで可能なのか

屋根瓦の修理には費用がかかります。費用を節約するために自分で修理ができないかと考えている人もいるでしょう。絶対にできないというわけではありませんが、DIYにはそれなりの技術と費用が必要です。まったくの素人であるとなかなか難しいケースもあります。ここでは屋根瓦の修理をDIYで行う際の注意点などについて解説します。

DIYでできる屋根瓦の修理は限定的

屋根瓦の修理をDIYで行う方法は3種類あります。防水テープでの修理や、パテ・コーキングでの補強ならDIYでも可能な範囲です。それぞれの方法について簡単に説明します。

防水テープ

使用するものは防水テープのみです。瓦に水分が残っていない状態にして、割れている瓦に防水テープを貼り付けます。水分が残っているとテープが貼り付かないためしっかりと乾燥させてから行いましょう。補強するには2、3回重ねて貼ると強度が増します。

パテで補強

使用するものは瓦パテです。割れた部分のヒビにしっかりとパテが埋め込まれるようにパテを塗り込みます。はみ出した部分は雑巾などでしっかり拭き取っておきましょう。表面を滑らかにしておかないとそこから破損する可能性があるため注意が必要です。さらに補強したい場合には、銅板をあてがうとよいでしょう。

コーキングで補強

使用するものはコーキング剤とコーキングガンです。まずは瓦についた汚れを拭き取ります。汚れがあるとコーキング剤がきちんと塗布できない可能性が出てきます。割れた所にコーキング剤を塗布します。塗布した面が滑らかになるようにヘラなどでならしましょう。コーキング剤はすぐに固まってしまうため手早い作業が求められます。

DIYでの屋根瓦修理の注意点

DIYで屋根瓦を修理する際にはいくつかの注意点があります。以下にまとめておきますので参考にしてください。

  • 1人で作業しない
  • はしごを押さえる人と屋根に登る人の最低2人で行う
  • 瓦を踏むときは谷の部分を縦に踏む

屋根瓦は頑丈に見えますが、踏む場所を間違えると割れやすい特徴もあります。そのためDIYを行う場合には屋根瓦の特徴をよく理解した上で作業を行うことが大切です。何も考えずに屋根に登って歩くと被害を拡大してしまう可能性もあります。また、1人で作業を行うともしも転落してしまった場合などに危険な状態となるため作業は必ず2人以上で行うようにしましょう。

屋根瓦の修理はDIYより業者への依頼がおすすめ

屋根瓦の修理をDIYで行うことは不可能ではありません。ただし、上記で説明したように失敗して修理箇所が増える可能性がある点には注意が必要です。さらに、高所での作業となるため落下の危険性をゼロにするのは難しいと考えておきましょう。安全面や技術面を考慮するとDIYよりも業者に依頼するほうが懸命といえるでしょう。

屋根瓦の修理業者を選ぶ方法

屋根瓦の修理を依頼するには、まず業者を探す必要があります。全国には数多くの業者があるためどこに依頼したらよいのかわからずに迷っている人もいるでしょう。そこでここでは、屋根瓦の修理業者を選ぶ方法について解説します。

一括見積もりサイトで修理業者の絞り込み

屋根瓦の修理を行う場合、依頼する業者によって費用が変動します。そのため必ず見積もりを取りましょう。特に費用を節約したい場合には、見積もりは必須です。見積もりは1社だけでなく、複数社から相見積もりを取ることで最新の相場を把握することができます。

ただ、自分で1社1社足を運んで見積もりを依頼するのはかなりの労力を必要とします。場合によっては交通費が必要となることもあるでしょう。そこでおすすめなのが一括見積もりサイトの利用です。一括見積もりサイトでは、自分の希望や情報を一度入力するだけで複数社に見積もりを依頼できます。

屋根瓦の修理を依頼する業者を探したい場合には、一括見積もりサイト「Excite外壁塗装」がおすすめです。独自の審査基準を満たした優良店のみが登録されているため、安心して一括で複数の見積もりを取ることが可能です。

見積書の内訳から業者の信頼度を判断

複数社から見積もりを取ったものの、見積もり内容をどのように比較すればよいかわからないという人もいるでしょう。ポイントとしては見積もりの内訳と合計金額です。内訳の内容が曖昧であったり、相場から極端にかけ離れた金額を提示してくる業者には注意が必要です。

見積もりが適正に見えても担当者の説明がわかりにくかったり、丁寧でない場合もあります。見積もり内容だけでなく、担当者の対応も判断材料のひとつと考えておくとよいでしょう。

現地調査は時間をかけて行っているか

業者の担当者が丁寧であるかどうかを判断する材料として、現地調査をどのように行なっているかという点があります。現場調査が短時間ですまされてしまった場合、隅々までチェックされていないケースが多く、実際に工事を開始してから追加費用が発生する可能性が高くなります。現地調査にかける時間の目安は、おおおよそ30分~1時間程度です。丁寧に細かな部分にまで目を向けてくれる業者を選ぶようにしましょう。

屋根瓦修理の担当との相性

いざ、依頼業者を決めたとしても担当者との相性が悪いと、修理完了までにストレスが溜まったり、希望通りの修理にならなかったりとトラブルが起こる可能性もあります。最近では、口コミなどを検索することができますが、完全に鵜呑みにはせず実際に担当者と話してみてから焦らずに結論を出すことをおすすめします。

屋根瓦の修理でよくある疑問

屋根瓦の修理に必要な費用や屋根材の種類について解説してきました。屋根瓦の修理を検討している人の中には、まだまだ疑問があるという人もいるでしょう。そこでここからは、屋根瓦の修理に関するよくある質問について解説します。

台風の被害に火災保険は使えるか

屋根瓦の修理では火災保険が適用されるケースもあります。特に台風などの風災で屋根瓦が損傷してしまった場合には保険で修理することができることもあるでしょう。風災の適用条件についてまとめておきますので参考にしてください。

  • 棟板金の浮き
  • 雨漏り
  • 屋根材のズレや割れ
  • 漆喰の崩れ
  • 雨どいの破損
  • 釘やビスなどの浮き

上記のような状況が起きた場合には風災として認められやすいでしょう。ただし、屋根の修理を行う場合に、火災保険を利用して騙してくる悪徳業者もいるためよく注意する必要があります。悪徳業者がよく使う手口は、突然の訪問販売、チラシで火災保険について知らせてくる、無料で修理できるということを強調するセールストークです。

外壁塗装も一緒にやった方がよいのか

屋根瓦の修理費用を節約したい場合、外壁塗装と同時に工事をする方法があります。注目したいのは足場の組み立て・解体費用です。外壁塗装、屋根瓦の修理の両方に足場が必要です。そのため、それぞれをバラバラの時期に行うと、足場の費用が2回必要になります。

1度ですませてしまえば長い目で見てかかる費用が節約できるということです。足場の費用相場は、10〜30万円であるため、2回足場を組めば単純に費用は倍になると考えるとかなりの節約になることがわかるでしょう。トータルで費用は増えるため割引交渉がしやすいというメリットもあります。

屋根瓦の修理で補助金や助成金はあるのか

屋根瓦の修理を行う場合、国や自治体が独自に行なっている補助金や助成金制度が利用できるケースもあります。自宅がある自治体などで確認してみましょう。これらの制度には、年度ごとに補助金の限度額や申込数で上限があるため、修理を決めた場合には早めに申請するようにしましょう。

業者や費用を吟味して屋根瓦の修理

屋根瓦の修理を行う場合、DIYで進める方法もありますが、基本的には業者に依頼することをおすすめします。事前にしっかりと見積もりを取ることで費用を吟味することができます。その際、1社だけでなく複数者から見積もりを取ることがポイントです。最新の費用相場を理解することができ損することなく施工を依頼することができます。

また、自治会や国の補助金制度を利用できるケースもあるため事前に調べてみましょう。外壁の張り替え費用を抑える方法はいくつかあるため、自分にあった方法を的確に選択することも大切です。