水性塗料の使い方について|水性塗料の特徴や選ぶときのポイント

住宅に塗るための塗料は水性と油性に分かれます。顔料、合成樹脂、添加物といった個体を原料にしているため、手を加えてからでないと施工に利用できません。原液には、希釈するための用剤を混ぜて使います。希釈するためには、水性塗料は水を混ぜ、油性塗料は有機溶剤を混ぜるのが特徴です。

塗料は豊富な種類があるため、自宅の塗り替えを検討しているけれど塗料の選び方に迷っている人がいるかもしれません。できあがりが自分の希望にそったものになるか不安があって決断できないケースもあります。

この記事は、水性塗料の特徴を知って、理想通りの塗装にするための最適な方法について説明します。

水性塗料の特徴 

塗装で重要なのは下地との密着度です。密着度を比較すると油性塗料と水性塗料では、油性塗料のほうが下地剤との密着性が高くなります。こうした点から最近までは、外壁の塗装には油性塗料が主流でした。

ただ、最近になって水性塗料の性質も向上していて、耐久性を向上させた水性塗料が外壁や屋根の塗装にも使われるようになってきました。油性塗料とは異なる性質を持っている水性塗料の特徴を紹介します。

希釈剤に水が使われている

先にも説明しましたが、希釈剤に水を使用しているのが水性塗料の特徴です。そのため臭いも少なく安心して使用できる点も特徴です。

対して、シンナーなどの有機溶剤を希釈のために使用しているのが油性塗料です。有機溶剤を使用しているため、油性塗料のほうは独特な臭いがするともいわれています。

扱うときには、シンナーの臭いで具合が悪くならないように気をつける必要もあります。

ほとんどが1液型の塗料という種類

1液型と2液型がある点は塗料の特徴です。1液型のものは、缶を開封したらそのままの状態で使用することができる点が特徴です。すぐに使えるので手間が少なく、素人でも扱いやすい点も特徴です。

一方2液型の塗料は、硬化剤を混ぜて使用する必要があります。硬化剤は、ただ混ぜればよいと言うわけではないため、それなりの技術が必要です。さらに定期的にかくはんし続けておかなければなりません。

初心者がDIYで塗装するなら水性塗料を選んだほうがよいでしょう。

水性塗料のメリット

使用したい塗料のメリットを確認してみると、自分がどんな家に住みたいと思っているのか具体的なイメージがわくでしょう。そこで、ここからは水性塗料のメリットについて確認しましょう。

安全性が高い

水性塗料は、希釈するために水を使用するため刺激臭がほとんどない点はメリットです。有機化合物を使用していないため、シックハウス症候群や大気汚染の原因ともいわれているVOCの排出が少なく、環境に優しく安心して使用できる塗料です。

子ども部屋やペットがいる家では、水性塗料を内装に使うことで安心して生活することもできるでしょう。

価格が安い

水性塗料のほうが価格は安いでしょう。ただ、耐久性の高さだけで考えると油性塗料が優位です。ただし、水性塗料の中にも耐久性を高くした特殊な塗料もあります。

特殊な水性塗料を使う場合に関しては、油性塗料よりも高くなる可能性は考えておきましょう。

素人でも扱いやすい

水性塗料は、商品のフタを開けたら何もせずすぐに使える点がメリットです。手間いらずな点からDIY初心者でも比較的扱いやすいとされています。DIYで外壁塗装や内装塗装を行う場合には、水性塗料がおすすめです。

乾く前であれば水で流せるため、万が一失敗しても修正がきく点はメリットといえるでしょう。また、低刺激で臭いも気にならないため、子ども部屋やペットがいる部屋の内装塗料にも向いています。

水性塗料のデメリット

環境に優しく安全性が高い水性塗料は幅広く利用されています。ただし、使用する上でのデメリットもあるため注意が必要です。そこでここでは、水性塗料のデメリットを4点紹介します。

油性塗料に比べて耐久性に劣る

耐久性だけを見ると水性塗料よりも油性塗料のほうが劣化スピードが遅く、耐久性が高いとされています。油性塗料のほうが高額ですが長い目で見てみると、メンテナンス費用がかかりにくい点では油性塗料を選択しておいたほうがよいケースもあります。

気温が低いと乾燥に時間がかかる

塗料は乾燥させる必要があります。水性塗料を乾燥させるには一定の温度が条件となります。デメリットとしては、気温が低い時期の施工では乾燥に時間がかかってしまう点が挙げられます。

具体的には気温5℃以下では乾燥に時間がかかるようになるため、寒い地域や冬場のリフォームには向かないと考えておきましょう。

一部の下地には使用できない

塗料によっては塗装しにくい下地というものが存在します。水性塗料はモルタルやサイディングには塗装しやすいとされています。ただし、ステンレスなどの金属部には密着しにくいという性質があります

下地を磨いたり、下塗りだけを油性塗料にするなどすれば対応できるケースもあるため、使用した場合には業者に相談してみてもよいでしょう。

水性塗料を使用するか決めるときのポイント 

自宅の塗り替えをするときには、塗料の種類を決める必要があります。水性塗料か油性塗料のどちらを使用するかを決めるのに悩んでいる人もいるでしょう。メリットデメリットはどちらにもあるため、基準をどこにおけばよいか分かりにくい点もあるでしょう。

塗料の選択には、いくつかのポイントを押さえる必要があります。水性塗料を選択する際の3つのポイントについて解説します。

どこを塗装するか

水性塗料は素材によって密着性が低くなることがあるため、どこに使用するかで決める方法もあります。特に塗装する場所の下地がどのような素材かを確認しておくことが大切です。

特に耐久性が求められる外壁や屋根など外的刺激にさらされるような場所に関しては、油性塗料のほうがおすすめです。

ただし、内装に塗る塗料であれば水性塗料のほうがおすすめです。内装の塗装は、雨風にさらされることもなく場所によっては紫外線が当たることも少ないでしょう。

そのため耐久性が少し低めであっても問題なく使用できます。希釈に水を使っているという点から考えると環境に配慮しているため、子ども部屋やペットがいる部屋などの安全性が求められる場所への使用がおすすめです。

このように塗装する場所によって塗料の種類を変えることもポイントです。迷った場合には信頼できる業者に相談してみましょう。

塗装を行う季節で考える

住宅の塗り替えを行う場合は、工事完了までにどの程度の期間が必要になるかを事前に確認しておきましょう。施工日数によって費用が変動する場合もあるからです。塗料を選択する場合には、季節を考慮して選ぶということも大切です。

気温が低い環境では、水性塗料は乾くのに時間がかかります。湿気の多い季節や気温が低い冬などは塗料が乾きにくいため、気温が高い季節に比べると工期が長くかかることがあります。塗装業者に工事を依頼するときは、季節も考えてできるだけ最短で工事が終わるように考えることも大切です。

塗装にかける費用で考える

外壁や屋根の塗り替えには大きな予算が必要となるケースも多くあります。塗料の種類を変更することで費用を削減することもできます。塗装は塗装面積の広さに応じて費用が変動します。

特に塗料の単価が安ければ塗装にかかる費用を節約することもできるでしょう。たくさんのメーカーが製品を展開している水性塗料は選択肢の幅も広がります。

全体的に見て水性塗料は油性塗料と比較して安価です。ただ、水性塗料の中には耐久性を向上させた製品もあります。

こちらの製品に関しては、場合によっては油性塗料と同等または少し金額が高いケースもあります。ただ、通常の水性塗料を使用するのであれば、塗装費用の節約にもつながる可能性があるため事前に検討してみましょう。

水性塗料はこんなところにおすすめ

水性塗料にはよい面もたくさんありますが、使用する場所によっては適さないケースもあります。下地の状況によっては適切な密着性が発揮されず、塗料が剥がれやすくなったり乾きにくいというデメリットが発生します。

そこでここでは、水性塗料を使用するのにおすすめな場所を紹介します。

外壁や屋根以外の場所

水性塗料は油性塗料よりも耐久性が低くなる点が特徴です。中には耐久性をアップした商品もありますが、一般的な水性塗料で考えると耐久性が必要な場所には油性塗料のほうがおすすめです。

屋根や外壁など、常に外的刺激にさらされる状態にある場所に使用する塗料には高い耐久性が求められます。逆に、外的刺激にさらされ続けることが少ない内装の塗装であれば、雨風にさらされることもないため高い耐久性はそれほど必要ないでしょう。

子どもやペットがいる部屋

油性塗料は、希釈剤に有機物を使うため刺激臭がすることもあります。内装で使用する場合、塗料の臭いで具合が悪くなることもあるため注意が必要となります。水性塗料は、環境にも配慮しているためシックハウス症候群にもなりにくい塗料として知られています。

家の中に使う材料や塗料は、できるだけ環境に優しく安心できるものを選びたい人もいるでしょう。油性塗料と比較して、環境にも配慮されていて安全性が優位である水性塗料がおすすめです。

換気の悪い場所

先に説明したとおり、換気の悪い場所で有害性の高い塗料を使用した場合、シックハウス症候群になりやすいというデメリットがあります。油性塗料は希釈するために有機化合物を使用するため刺激臭が気になる人も多くいます。

希釈に水を使う水性塗料は低刺激、低臭であるため安心して使用することができます。換気の悪い場所に塗装する場合には、少しでも安全面を考慮して水性塗料を使用することをおすすめします。

水性塗料の種類を選ぶときのポイント

たくさんの製品が展開されている水性塗料は、選択肢が広い分、塗料を選ぶ際にはどれを選んでよいのか分からないという人もいるでしょう。塗料を選ぶ際には押さえておきたいポイントがあります。

工事のスケジュールをスムーズに進めたい場合には、水性塗料の種類を選ぶためのポイントを押さえておきましょう。水性塗料の選び方に関連するポイントを3つ紹介します。

メーカーを確認する

たくさんのメーカーが製品を販売している水性塗料ですが、そのような中で、日本の2大メーカーとして知られているのが日本ペイントと関西ペイントです。

創業年数でいうと日本ペイントのほうが20年ほど先になりますが、関西ペイントも一部上場企業として豊富な実績を誇ります。塗料選びで迷った場合には、有名メーカーの製品を選ぶという方法もあるでしょう。

創業からの豊富な実績と高い品質保証は安心感を得ることができるからです。メーカーを選択するといっても、自分で選択するには何かしらの基準が欲しいと感じる人もいるでしょう。信頼できる業者に相談できれば安心して塗装も任せることができます。

自分の希望する塗装ができる施工業者を探したい場合には、外装塗装業者紹介サービス「Excite外壁塗装」がおすすめです。独自の審査基準を満たした優良塗装店のみが登録されており、一括で複数の見積もりを取ることが可能です。

使用する場所で選ぶ

水性塗料は、使用できる場所とあまり適さない場所があります。一言で水性塗料といっても、具体的にはアクリル系、ウレタン系、シリコン系の3種類があり、それぞれに特徴があります。

使用したい場所に応じて適した塗料があるため、まずは専門の業者に相談して、どの水性塗料を選べばよいかをきちんと確認してから施工してもらうようにしましょう。

イメージにあった光沢の塗料を選ぶ

塗料にはつやありとつやなしがあります。これらは仕上がりが全く異なるためどのような仕上がりを求めているかで選ぶ塗料の種類も変わってきます。まずは雑誌などで色々な住宅の外壁を見比べてみましょう。自分が希望している外観により近い塗装を施している住宅を参考にしてみることもおすすめです。

塗装業者との打ち合わせの場合には、カタログの色見本だけで色を選択することが多くあります。色見本はサイズが小さいため全体のイメージがつけにくい場合もあるでしょう。

ある程度希望のイメージが固まっている場合は、業者に頼んで実際に施工した家の写真を見せてもらうこともおすすめです。特に、つや感にこだわりを持つ人であれば水性塗料の中から選択してみましょう。

水性塗料は耐久性に劣るが素人も扱いやすい塗料

水性塗料は耐久性が低いという特徴がありますが、扱いという面でいえば素人でも使いやすいというメリットもあります。希釈剤が水であるため刺激臭があまりせず、家族の安心を思って利用できる点はよい面といえるでしょう。

本来は専門の業者に依頼したほうがより完璧な塗装ができるのですが、どうしてもDIYをしたいという場合であれば水性塗料のほうがおすすめです。

業者に依頼する場合でも、使用する場所に応じて水性塗料を選択すると、より快適で安心な生活が送れますので、ぜひ検討してみてください。