ファイン4Fセラミックはおすすめ?メリットデメリットを徹底解説

外壁の塗り替えで重要なのは、どのような塗料を使用するかという点です。

塗料にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なります。自分がどのような外観の外壁を希望しているのか、また耐久性などに関してどのような考えているのかについて、しっかりと明確にしてから塗料を選ぶことが大切です。

この記事では、塗料の中でも特にファイン4Fセラミックについての基本的な情報を紹介します。

ファイン4Fセラミックとは

ファイン4Fセラミックとはどのような塗料なのでしょうか。ここでは、ファイン4Fセラミックの基本的な情報について紹介します。

ファイン4Fセラミックの販売会社

「ファイン4Fセラミック」は、大手塗料メーカーの日本ペイントが2005年から販売している塗料です。そもそもセラミック塗料は、一般的に使用される外壁塗料にセラミックを配合した塗料のことを指します。

そのためアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの塗料のグレードとは関係ない点はまず覚えておきたいポイントです。

ファイン4Fセラミックの「F」とはフッ素のことを示していて、4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料と呼ばれることもあります。つまり外壁塗料の中でもグレードが高いフッ素塗料の一種ということです。

ファイン4Fセラミックの成分

ファイン4Fセラミックは、フッ素樹脂にセラミックを混ぜ込んだ塗料です。4フッ化フッ素樹脂について簡単に説明すると、塗料の成分をモノマー(単量体)にまで分解したときに、ひとつの単量体に4個のフッ素原子が含まれている状態を指します。

これまでは、ひとつの単量体に3個のフッ素原子が含まれる3フッ化フッ素樹脂がメインで使用されていましたが、4フッ化フッ素樹脂が開発されたことで耐久性がアップしたとされています。

さらに「ターペン可溶2液超低汚染形4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料」という非常に長い名称がつけられているのも特徴です。これは分解して考えてみると以下のようになります。

  • ターペン可溶:ターペンはシンナーの1種。比較的刺激が弱く、溶剤として使用すると塗料は弱溶剤系に分類されます。
  • 2液:塗料には1液と2液の2タイプがあります。1液は手を加えることなく、そのままの状態で使用できるタイプです。2液は塗料に硬化剤を混ぜてかくはんする必要があるため、素人には扱いが難しい塗料です。
  • 超低汚染:汚れに強いことを表しています
  • 4フッ化フッ素:上記で説明したとおりです
  • セラミック変性樹脂:ベースの樹脂に無機系のセラミック樹脂を混ぜていることを示します。

ファイン4Fセラミックの用途や施工方法

フッ素樹脂は高額な費用がかかるため、一般住宅での使用実績はまだまだ少ないというのが現状です。もちろん戸建て住宅で採用している人もいますが、多くは都市部の高層ビルや医療施設などで使用されています。

高額な費用を用意できるのであれば、長い目で見ればメンテナンスの回数を減らせるためメリットは大きい塗料ではあります。

工事を行うには、縁を塗るためのハケ、外壁の内側を塗るためのローラーを使用することがほとんどです。スプレーで吹き付ける方法を取る業者もありますが、吹き付けは塗料が周囲に拡散するため近隣に迷惑をかける可能性が高いという理由から、近年ではあまり利用されなくなっています。

ファイン4Fセラミックで選べる色の種類

ファイン4Fセラミックには基本色として48色のカラーバリエーションが用意されています。基本色は、ベージュ系、グレー系、オレンジ系、ピンク系、茶系、黒などが用意されています。ただし、全体的に淡色が多く、濃い色はあまりありません。

とはいえ、基本色を調色することで希望の色合いに近い色を作り出すことも可能です。調色の際には日塗工色見本をベースに選択します。

ファイン4Fセラミックで塗装をするメリット

ファイン4Fセラミックにはさまざまなメリットがあります。高額な塗料ではありますが、メリットを加味すれば長い目でみて利用する価値を感じることもできるでしょう。

高い耐候性をもっている

ファイン4Fセラミックは、先の項目でも説明したように、塗料の成分を単量体まで分解したときに、ひとつの単量体に4個のフッ素原子が含まれている状態を指します。ひとつの単量体に4個のフッ素原子を含むことで、高い耐候性を実現しています。

4フッ化フッ素樹脂が誕生するまで使用されていた3フッ化フッ素樹脂と比較すると、表面張力が低くなっている点も耐候性をアップする要因となっています。促進耐候性試験においても高い数値を示していることから、ファイン4Fセラミックの耐候性には信用性があるといってもよいでしょう。

優れた親水性で汚れにくい

ファイン4Fセラミックには優れた親水性がある点も特徴です。親水性は、水に溶けやすい性質を指します。外壁塗料の親水性が高いとどのような効果があるのでしょうか。外壁が水に濡れやすい状態にあると、ホコリや汚れが付着しにくくなるという利点があります。

たとえば雨水は外壁について下に流れていきます。その際に親水性が高い外壁であれば、汚れが水に流されていきます。つまり、汚れが水で落としやすいというメリットがあるということになります。

カビや藻に強い

ファイン4Fセラミックは、外部の湿気を通しにくく、内部の不要な湿気は放出するという調湿性を持っています。そのため、大気汚染物資やカビ、藻が付着して外壁が劣化するのを予防します。

ファイン4Fセラミックで塗装をするデメリット

ファイン4Fセラミックにはたくさんのメリットがある反面デメリットもあります。塗装の際に注意するためにもデメリットについて解説しておきます。

1回当たりの塗装費用は高額

ファイン4Fセラミックは外壁塗装に使用する塗料の中でも高級な製品です。そのため外壁の塗り替えにかかる費用も高額になります。ほかの塗料の施工費用と比較してみましょう。

塗料の種類耐用年数費用の相場/平方メートル費用相場
アクリル塗料5〜8年1,400〜1,600円60万円〜
ウレタン塗料8〜10年1,700〜2,200円70〜110万円
シリコン塗料10〜15年2,200〜3,000円80〜125万円
フッ素塗料15〜20年3,800〜4,800円90〜140万円
ファイン4Fセラミック15〜20年3,600~4,660円120〜140万円

このようにファイン4Fセラミックはほかの塗料と比較して単価が高めです。そのため総額の工事費用も高くなる可能性があります。

ただし、耐久性はほかの塗料と比較しても格段に高いため、長い目で見てメンテナンス費用などを考慮すれば節約につながる可能性は高いでしょう。

ひび割れが多い外壁には向かない

フッ素塗料には塗膜が硬いという特徴があります。そのためもともとの外壁にひび割れが多い場合などは、ほかの塗料よりも塗膜がひび割れしやすくなります。

ファイン4Fセラミックでも同様のことがいえます。ひび割れが気になる際には、高弾性ファイン4Fセラミックを使用することをおすすめします。

外壁に必ずツヤがでてしまう

ファイン4Fセラミックで外壁を塗り替えると外観にツヤ感を持たせることができます。ツヤ感を安っぽく感じルため嫌だと感じる人もいるでしょう。

ツヤ感を抑えたマットな印象の外観を求める場合は、ファイン4Fセラミックの使用はおすすめしません。ツヤ感を出すことはできてもツヤ感を消すことが難しいからです。

ただし、ツヤ感を減らすことは可能なため、ツヤあり、7分ツヤ、5分ツヤ、3分ツヤの4種類から選択しましょう。

ファイン4Fセラミックで外壁塗装をする流れ

ファイン4Fセラミックの塗装は、ほかの塗料を塗布する際とほぼ同様の工程で行われます。高額な塗料でもあるため信頼できる業者に依頼して、工事完了後のあと払いで施工してもらえることができるかを確認することも大切なポイントです。

一括見積もりで塗装業者を厳選する

外壁の塗り替えを行う際には、見積もりをしっかりと取り、費用の内訳を明確にしてくれる優良業者を選ぶことをおすすめします。とはいえ、自分だけでは業者の選別が難しいこともあるでしょう。

見積もりを取る場合には、1社だけでは適切な相場が把握できないため複数社に相見積もりを依頼します。そうなるとさらに業者選びに手間がかかることがあります。

簡単に見積もり依頼を出すなら、一括見積もりサイトの利用をおすすめします。一括見積もりサイトなら、自分の希望を1度入力することで複数社に見積もりを依頼することが可能です。

自分の希望する塗装ができる施工業者を探したい場合には、外装塗装業者紹介サービス「Excite外壁塗装」がおすすめです。自社独自の審査基準を満たした優良塗装店のみが登録されており、一括で複数の見積もりを取ることが可能です。

業者との契約は担当が信頼できるかまで確認

業者を選択する際に注意したいポイントとして担当者の対応があります。業者自体が優良であっても、中には担当者があまり信頼できないというケースもあります。外壁の塗り替えは滅多に行うことではないため、素人ではわからないことが多くあるでしょう。

こちらの小さな疑問にも丁寧に答えてくれることは基本中の基本です。対応の際の話し方や物腰にも注目しましょう。話しやすく相談しやすい担当者であれば、後から万が一トラブルがおきた場合でも相談しやすいでしょう。

下地処理や養生をしてから塗装

ファイン4Fセラミックの塗装工程について解説しておきましょう。

  1. 下地処理:塗膜のはがれや汚れなどを取り除いて、下地をきれいな状態にしておきます。塗膜だけでなくコケやカビ、ホコリや油分などもしっかり取り除いておきましょう。
  2. 養生:塗料がつくと困る部分には、養生テープを貼って保護しておきましょう。
  3. 下塗りの選定:素地によって使用する下塗り材が異なるため、きちんと選定しましょう。
  4. 下塗り:下塗り用の塗料を希釈率に合わせてかくはんしてから下塗りを行います。
  5. 中塗り:下塗りがしっかりと乾燥したことを確認してから中塗りを行います。下塗りが透けてしまうことを防ぐために行う工程です。
  6. 上塗り:中塗りがしっかり乾燥したことを確認してから上塗りを行います。場合によっては、上塗りを2回行なってもよいでしょう。
  7. 養生を回収:上塗りの塗料が完全に乾く前に、養生テープを外しておきます。

塗装のチェックをしてから支払いを完了させる

外壁の塗り替え費用をどのように支払うかも気になるところでしょう。基本的には工事が完成してからの後払いですませることが多いでしょう。ただし、業者によって支払い方法が異なるため注意が必要です。

以下のとおり、4つ方法から選ぶのが一般的です。

  1. 工事前に一括払い
  2. 工事が完了してから一括払い
  3. 工事前と工事後で2回払い
  4. 工事前、工事中、工事後の3回払い

このような日払い方法があります。特に注意したいのは工事前の一括払いです。この支払い方法を強制してくる場合には悪徳業者である可能性も考えましょう。

特に実績や信用性に欠く業者である場合には、工事が完了してしっかりと仕上がりを確認してから支払いを行うことをおすすめします。

ファイン4Fセラミックの塗装で節約する方法

外壁の塗り替えには高額な費用がかかるケースも多くあります。場合によっては100万円以上の費用がかかることもあります。できるだけ費用を節約するにはいくつかの方法があります。ここでは、ファイン4Fセラミックで塗装する場合の塗装費用を節約する方法について解説します。

外壁材の寿命が近いなら別の塗料を選ぶ

ファイン4Fセラミックの耐用年数は15〜20年といわれています。高額な塗料でもあるため使用する場合には慎重に検討する必要があります。特に塗り替えの場合は、素地になる外壁材の寿命があとどのくらい残っているのかは重要なポイントです。

外壁材の寿命が塗料の耐用年数よりも短い場合には、塗り替えを行なったとしても、しばらくすると外壁材自体を張り替えなければならない可能性が出てきます。

こうしたことから考えて、外壁材の寿命が短い場合には耐用年数が短く安い塗料で対応しておくことも検討してみましょう。

災害で塗装が必要な外壁には保険を使う

自然災害で外壁の塗り替えが必要となったケースでは、現在加入している火災保険が適用されることもあります。外壁の塗り替えを考えている場合には、事前に加入している保険が適用できないか確認してみましょう。

外壁の損傷については、自然劣化と大雪や台風などの自然災害、近隣の火災などによって起こる予期しない損傷の2ケースがあります。自然劣化は当然、保険の補償対象にはなりません。

ただし、自然災害などによる被害については火災保険の対象になるケースもあります。加入している火災保険のプランによって対象となるケースとならないケースがあるため、担当者に確認するとよいでしょう。

対象となる可能性がある保険は、住宅火災保険、住宅総合火災保険、オールリスクタイプの火災保険となります。

自治体の補助金や助成金を申請する

環境対策や省エネ、耐震化を目的とした工事の場合は、国や各自治体が設けている助成金や補助金を受け取れる可能性があります。工事の前にはお住まいの市区町村に確認してみることをおすすめします。

補助金や助成金の金額は各自治体で異なります。いくつか具体的な例を挙げて紹介してみます。

埼玉県羽生市 羽生市住宅改修(リフォーム)補助金交付制度

  • 省エネルギー化を目的とした外壁の断熱化工事
  • 対象住宅の所有者であり、居住している者
  • 市税を滞納していない者
  • 工事費用の総額に応じて補助金額が決定される
  • 工事費20万円以上で工事費の5%、上限は10万円

岡山県和気町 和気町住宅リフォーム補助金交付事業

  • 省エネルギー化を目的とした外壁の断熱化工事
  • 工事費30万円以上のものに限る
  • 補助対象のリフォーム工事に要する金額の10%を補助する
  • 上限は10万円

省エネルギー化を目的とした外壁塗装であれば、補助金や助成金を受けられる可能性が高くなります。ただし、申請は業者に依頼する前に行う必要があるため、外壁塗装を検討しはじめた段階で、先に助成金について確認しておくことをおすすめします。

ファイン4Fセラミックで外壁の耐久性を上げよう

外壁塗装にファイン4Fセラミックを使用するメリットは多くあります。そもそもフッ素塗料は塗料の中でもハイグレードの塗料となります。

ほかの塗料と比較して価格が高い点はデメリットとも考えられますが、初期費用をかけたとしても耐久性の高い外壁にしておくことで、メンテナンス回数を減らすことができます。

ファイン4Fのメリット・デメリットを理解した上で、外壁塗装を検討する場合には、まず一括査定サイトに見積もりの依頼をしてみましょう。最良の塗装業社を見つけて、納得のいく塗装に仕上げてください。