外壁塗装の吹き付け塗装のメリット・デメリットとは?

外壁の塗装を行う場合は、最終工程で仕上げの塗料を塗装するのが一般的です。仕上げ塗装には吹き付け塗装とローラー塗装の2パターンがあります。どんな外観にしたいかで、どちらを選択したらよいか職人と相談しながら決めてもよいでしょう。

そこでこの記事では、吹き付け塗装について詳しく説明します。メリット・デメリットだけでなく、ローラー塗装との比較も行いましょう。

吹き付け塗装の特徴

吹き付け塗装は、専用の道具を使用して外壁に塗装を施す施工方法です。スプレーガンという専用用具に入れた塗料を外壁に噴射することで外壁に塗料を吹き付けます。吹き付け塗装は大きく分けて2パターンがあります。

リシンやスタッコと呼ばれる仕上げ材を使用するパターンが1つめです。仕上げ材の特徴については下の項目で詳しく説明します。このパターンの塗装工程は、下塗り塗料を吹き付けてから仕上げます。いずれの仕上げ材にも石や砂が混ざっているため外壁の表面がでこぼこした仕上がりになります。

次の仕上げ方法は、タイル吹上仕上げになります。こちらは少し工程が多くなります。下塗り塗料を吹き付けてから玉吹きをして仕上げ塗料を吹き付けます。このパターンで施工すると耐久性がアップするというメリットがあります。

吹き付け塗装に使用する道具

吹き付け塗装に使用する道具は、塗料を霧状にすることで外壁に吹き付ける道具がスプレーガンです。スプレーガンには大きく分けて2種類のタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴について紹介します。

エアスプレー

文字通り空気の力を利用して塗料を噴射させる道具がエアスプレーです。塗料が微粒子化するため細かい調整が可能な点はメリットです。エアスプレーは3タイプあります。

  • 重力式エアスプレー…スプレーガンの横に塗料の容器を取り付けて使用するタイプ
  • 吸上式エアスプレー…スプレーガンの下に塗料の容器を取り付けて使用するタイプ
  • 圧送式エアスプレー…スプレーガンにホースを取り付けて加圧タンクやペイントポンプから塗料を供給しながら使用するタイプ。

このように用途や塗料の容量に合わせて道具を選ぶことで、効率的な作業を行うことができるようになっています。使用対象が幅広く仕上がりがきれいな点がエアスプレーの特徴になります。ただし、外壁に使用する場合には塗膜が薄くなりやすいため注意しておきましょう。

エアレススプレー

エアレススプレーは、空気ではなく塗料のほうに圧力をかけることで噴射させる道具です。最近の塗装ではエアレススプレーの使用が主流となっています。エアレススプレーは厚塗りに向いています。さらに塗装スピードが早く、飛散が少ない点もメリットといえるでしょう。

ただし、仕上がりがエアスプレーと比較すると、少し粗めになる点はデメリットに感じる人もいるかもしれません。超高圧塗装であるためケガのリスクがある点、加えて狭い場所での使用には向かない点は考慮しておく必要があります。

吹き付け塗装とローラー塗装の違い

外壁塗装の方法には、吹き付けとローラーの2パターンがあります。最近ではローラーを使って行う塗装が主流になりつつありますが、外壁材の種類によっては吹き付けが採用されることもあります。たとえば、モルタルを使用した外壁の場合は吹き付けを使用することが多めです。ここでは吹き付け塗装とローラー塗装の違いについて解説します。

吹き付け塗装とローラー塗装の比較ポイント

外壁塗装を行う場合、吹き付けを採用するかローラーで行うかは、基本的には依頼した業者に任せることが多いでしょう。ただ、施工主も基本的な知識程度は持っておいたほうが、正しい施工が行われているかを確認することができます。具体的な比較ポイントをいくつか挙げて表にまとめておきます。

比較ポイント吹き付け塗装ローラー塗装
塗料の飛散多い少ない
塗料の必要量飛散する量を考えて少し多めに用意しておくと安心規定量で問題ない
塗装時の音コンプレッサーなどの機械音と作業の音がする作業音のみ
塗装のスピードローラーよりも早い吹き付けよりも時間がかかる
養生にかかる時間飛散を考えて養生範囲を広めに取るため養生に時間がかかる通常と変わりなし
塗装業者技術が必要なため少ない多い
凹凸部への塗装適している場合が多いが形状によっては刷毛(はけ)を使う必要がある部分が出てくる毛足の長いローラーの場合は、凹凸部分に塗料がたまりやすいため刷毛(はけ)と併用する必要がある
厚塗り可能可能
仕上がり重厚感のある外観・凹凸のある立体感を出すなど多様な仕上がりにすることが可能画一的な仕上がりが多い
施工期間短い吹き付けと比較すると長い

吹き付け塗装とローラー塗装の比較をしてみました。特に注意したい点については、塗料の必要量です。どちらの方法を選択したとしても、塗料メーカーが規定する基準塗布量を必ず守らなくてはなりません。メーカーが示している数値に関しては、その塗料が持つ機能性を十分に発揮できるものとなっています。

これを守らなければ、いくらきれいに塗装が仕上がっても耐久性などに影響が出てしまいます。そのため、塗料の基準塗布量には十分に注意して塗装を行う必要がある点は覚えておきましょう。

吹き付け塗装のメリットについて知ろう

吹き付け塗装には多くのメリットがあります。吹き付け塗装を検討してしている場合には、よく理解しておきたいポイントでもあります。吹き付け塗装には多くのメリットがありますが、中でも特徴的な4つの項目について解説します。

施工が早い

吹き付け塗装は、先に説明したようにスプレーガンを使用して塗装を行います。スプレーガンを利用すると広範囲に対して短時間で塗料を塗布することができます。短時間で広範囲に塗装することができるため施工にかかる期間が短くすむ点は大きなメリットです。施工期間が短ければ費用の節約にもつながります。

立体感が表現できる

使用する道具によって厚みのある重厚感を出すことができます。規格品を貼り付けていく工法と比較して、オリジナリティのある外壁を作り上げることができる点もメリットといえるでしょう。 

コストが低い

外壁の塗り替えを行う場合には費用も気になるポイントです。広範囲に一気に施工可能な吹き付け塗装は施工期間が短く、職人の人数も少なくてすむため人件費の削減につながります。一般的に外壁の塗り替え費用には、塗料の費用以外に足場費用や防水シート、下地の補修、養生、廃棄物の処理費用などさまざまな費用がかかります。工期が短くなればなるほど、これらの諸経費が節約できる可能性も高くなるためコストの削減にもつながります。

狭い場所でも使える

狭い部分の塗布が難点になることも多くありますが、スプレーガンを使用した吹き付け塗装の場合は、スプレーガンと人が通れる隙間さえあれば狭い場所でも作業が可能な点はメリットです。ローラーで行う場合には、細部は刷毛(はけ)などを使って手作業で塗り残しがないか確認しながら最後の仕上げを行う必要がありますが、スプレーガンの場合は細部まで塗料が行き渡るため塗り残しがない点もメリットです。

吹き付け塗装のデメリット

メリットについては4点解説しました。ただ、メリットだけでなくデメリットを理解しておくことも外壁塗装を行う上で大切です。吹き付け塗装のデメリットについて4つの項目について解説します。

通常の塗装よりも手間が必要

事前の準備に手間がかかる点がデメリットとして挙げられます。具体的には、養生の手間です。養生とは塗装したくない部分に塗料が飛ばないようにテープや新聞紙、ビニールなどで保護しておくための作業です。スプレーガンを使用すると塗料が噴射されるため、思わぬところに塗料が飛散する可能性が高くなります。

また、風が強い日に作業を行うと塗料が風で流れてしまう可能性もあるため、養生は広範囲に渡って行う必要があります。養生には費用がかかるため、範囲が広くなるほど費用がかさむ点もデメリットといえるでしょう。

無駄が多い 

吹き付け塗装は、手作業で塗料を塗りつける方法と比較すると、塗料の無駄が出る確率が高い点がデメリットです。なぜ無駄が出るのかというと、スプレーで塗料を吹き付けるため、手塗りで行うよりも周囲に塗料が飛散して必要な箇所以外にも飛び散ることがあるからです。手作業で塗りつける場合と比較すると3割程度の無駄が出るともいわれています。

騒音が発生する

スプレーガンの使用にはコンプレッサーが必要となります。コンプレッサーは機械音がするため、騒音に感じる人もいるでしょう。また、近隣に対しても迷惑となる可能性もあるため、事前に工期を知らせておくなど配慮を忘れないようにしましょう。

高い技術が必要

スプレーガンは慣れた人でないときれいに塗料を塗布するのが難しい場合が多くあります。技術力が低い職人が施工すると塗りムラが起きてしまう点はデメリットといえるでしょう。

では、技術力の高い職人を探すにはどうすればよいのでしょうか。まずは業者に見積もり依頼を出すところからはじめましょう。優良な業者であれば技術力の高い職人を雇っている可能性も高くなります。ただ、自分で1社1社に足を運んで見積もりの依頼をするには時間も労力もかかります。場合によっては交通費がかかる可能性もあるでしょう。

忙しい人にとっては見積もりを取るだけでも大変な作業となるでしょう。そこでおすすめなのは一括見積もりサイトです。一括見積もりサイトでは、一度自分の情報を入力するだけで希望にあった複数の優良な業者に一括で見積もり依頼することができます。

一括で複数社に見積もりが取れるexcite外壁塗装なら、独自の厳しい審査基準を満たしている業者のみと提携しています。そのため、安心して見積もり依頼をすることができると同時に信頼できる業者を見つけることもできるでしょう。

吹き付け塗装の仕上げはどうする?

スタッコ仕上げ

スタッコ仕上げは、別名漆喰壁とも呼ばれることもあります。外壁に合成樹脂やモルタルを塗布してから、スタッコ材を吹き付けます。骨材、塗料、セメントなどを混ぜあわせたものをスタッコ材と呼びます。外観的な特徴は塗装面がでこぼこになるところにあります。ストレートな外壁に比べて、高級感と重厚感が感じられる仕上がりになるため人気の高い塗装でもあります。

でこぼこが気になる場合には、ローラーで押さえる凸部処理仕上げという方法もあります。でこぼこに仕上げると汚れやすいという点はデメリットです。水をかけた程度では汚れが取れないため、メンテナンスには高圧洗浄機が必要となることもあります。さらに、塗り替えを行う場合も事前の洗浄をしっかりしておかなければ塗装がすぐにはがれてしまうこともあります。

リシン仕上げ

リシンは、モルタルの外壁塗装の仕上げに使用されることが多い表面化粧材です。リシンは、アクリルや着色料、樹脂、骨材、セメントなどを混ぜ合わせた化粧材のことを指します。外観的な特徴は一見すると大きな模様などはありませんが、ザラザラとした細かな模様に仕上がります。透湿性や通気性もよい点がメリットで人気の高い外壁材でもあります。

スタッコ仕上げと比較すると、リシンの場合は塗膜が比較的薄いという特徴があります。そのため定期的なメンテナンスが必要になります。あわせて、塗料はアクリル製であることが多く耐久性が低い点はデメリットといえるでしょう。さらに、伸縮性に乏しく、下地が動くとひび割れしやすいため注意が必要です。

吹き付けタイル仕上げ

吹き付けタイル仕上げは、陶器のような仕上げり感が特徴の仕上げです。玉吹き塗装やボンタイル塗装と呼ばれることもあります。スタッコ仕上げとリシン仕上げは、仕上げ材を吹き付けた段階で仕上がりです。一方の吹上タイル仕上げは、いくつかの工程を経る必要があります。

まず下地調整材を専用のガンで飛ばして玉状の模様を作ります。その後、仕上げ材をかぶせていくため全部で4〜5工程を経ることになります。これだけの工程を経るため塗膜が厚くなる点は特徴です。耐久性については使用する塗料によって異なりますが、塗膜が厚いためひび割れが目立ちにくいという特徴はあります。

吹き付け塗装を選択する際のポイントとは

希望の仕上がり感がある場合には、吹き付け塗装でも仕上げ材をきちんと選択することが重要なポイントになります。どのような外観にしたいか希望を明確にしておくことで失敗のない塗装をすることができるでしょう。

吹き付け塗装は高い技術力を必要とするため、正しく施工できる業者が少なめです。業者をよく選別してから依頼しないと失敗する可能性もあります。一括見積もりサイトなどを利用して優良業者と契約を結ぶようにしましょう。