サイディングを張り替えよう|おすすめの外壁材や注意点について解説

家の外壁が劣化してきたと感じたら、サイディングの張り替えを検討してみましょう。補修の方法には塗装もありますが、サイディングの張り替えにはさまざまなメリットがあります。

この記事では、サイディングの張り替えに必要な費用や、おすすめの外壁材について解説します。

サイディングの張り替え費用の相場

サイディングの張り替えと一言でいっても、いくつかの方法があり、それぞれに費用が異なります。自宅の外壁を張り替えるには、まず外壁の状況をしっかりと確認しましょう。

状況に応じて必要な施工方法を選択することが大切です。ここでは、サイディングの張り替え費用の相場について解説します。

重ね張り(カバー工法)の場合

外壁を補修するための工法のひとつに、カバー工法があります。カバー工法は、劣化が進行している既存の外壁はそのままの状態で、上から新しい壁材を重ねて張り付ける方法です。

重ね張りとも呼ばれるこの方法は、外観を新しくするだけでなく災害や雨風、害虫被害などの外的刺激に強い外壁にすることができます。さらに外壁を重ねることで、断熱性や遮音性が増すというメリットがあります。費用相場は100〜220万円です。

部分張り替えの場合

経年劣化が進行していて塗装や補修では改善できない場合には、部分的に張り替えを行う方法もあります。サイディングを1枚張り替えるための費用相場は10〜20万円とされています。

費用については、使用するサイディングの種類と補修する箇所の数によって変動します。

全体張り替えの場合

既存の外壁を全てはがして、下地の状態にしてから新しいサイディングを張り替える方法もあります。全体張り替えの場合は、下地の状態を確認することができる点がメリットです。

劣化が構造内部まで浸透していた場合には、内部からしっかりと補修することができるため、安心感も得られます。

費用相場は200〜280万円です。希望するサイディングの厚みが15mm以上の場合は、外壁材の単価がアップするため総額も高くなる点には注意が必要です。

サイディングの材質別の費用

サイディングには4つの種類があります。窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディングの4種類の外壁材について、1平方メートルあたりの価格をまとめておきます。

サイディングの材質材料費/平方メートル
窯業系サイディング4,000〜5,000円
金属系サイディング3,000〜7,000円
木質系サイディング6,000〜10,000円
樹脂系サイディング8,000〜10,000円

サイディングの張り替えにおすすめの外壁材

サイディングにはいくつかの種類があります。どの種類を選ぶとよいか迷っている人もいるでしょう。ここでは、サイディングの種類別に特徴をまとめておきます。

窯業系サイディング

繊維とセメントを板状にしたものを、窯業サイディングと呼びます。国内でのシェア率がもっとも高いサイディングでもあります。比較的施工が簡単で、単価が安い点は魅力です。

ただし、コーキング材が劣化しやすい点はデメリットといえます。耐用年数は40年とされていますが、よい状況を長く保つためにはメンテナンスを7、8年ごとに行うことをおすすめします。

金属系サイディング

表面がスチールなどの金属で覆われており、裏面に断熱材が入っているサイディングが金属系サイディングです。具体的には、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金などがあります。

耐用年数は40年とされており耐久性、耐震性、耐熱性に優れている点が魅力です。初期費用、メンテナンス費用が安い点もメリットのひとつです。メンテナンスは10〜15年ごとに行うのがおすすめです。

木質系サイディング

天然木などの木材を使用しているのが、木質系サイディングです。合成素材のサイディングが多い中で、天然素材特有の味わいがある点が魅力です。

木材は年月を経るごとに色合いや質感が変化します。経年劣化の一種ではありますが、天然ならではの味わいが出てくるのも、木質系サイディングの特徴です。

ただし、防火性に劣るため、防火地域では使用できない点には注意が必要です。耐用年数は40年といわれており、メンテナンスは、8〜12年ごとに行うのがおすすめです。

樹脂系サイディング

プラスチックなどを使用したものが、樹脂系サイディングです。雨もりしにくく、外壁材の内側が乾燥しやすい構造となっている点が特徴です。耐用年数は40年といわれており、メンテナンスは、10〜20年ごとに行うのがおすすめです。

デメリットとしてあげるとすれば、デザインのラインアップが少ない点です。外壁の外観にこだわりたい人には向かない外壁材でもあります。

サイディングの張り替えに適した時期

経年劣化によって外壁の張り替えを検討しているけれど、どのタイミングで施工をスタートすればよいか迷っている人もいるでしょう。迷って月日が経過すればするほど劣化が進み、必要となる費用も増えることになります

ここでは、サイディングの張り替えに適したタイミングについて解説します。

耐用年数の30~40年を迎えた時

サイディングの耐用年数は、どの種類も30〜40年とされています。耐用年数は住宅環境によって長くなったり短くなったりするものです。大抵は、短くなるケースがほとんどです。

たとえば、海岸に近い地域であれば塩害などによって劣化スピードが早まることもあるでしょう。このように、外壁が雨風にさらされている以上、劣化はいずれ訪れます。

外見的には何も問題ないように見えても、サイディングの内部が劣化をはじめているケースがあります。耐用年数に関わらず、定期的に業者に依頼してメンテナンスを行うことをおすすめします。そのタイミングで、外壁補修の工事をする必要性が生じた場合には、早めに補修を行いましょう。

ただし、信頼できる業者のアドバイスだけを聞くようにしないと、場合によっては悪徳業者に騙されてしまうこともあります。突然訪問してきて、不安をあおるようなセールストークをしてくるような業者には注意が必要です。

劣化の症状が目立つようになった時

素人目に見ても、外壁にひび割れやはがれが生じていることがわかることもあります。浮き上がりなどの劣化症状も危険な症状です。このような劣化の症状が明らかに目立つようになってきた場合には、早めに補修を行う必要があります。

劣化を放置していると、家の倒壊につながる可能性もあります。まだ大丈夫と先のばしにしていると、劣化がどんどんと進んでしまい補修にかかる費用も増える可能性が出てきます。

サイディングの張り替えのDIYについて

最近は、DIYでリフォームを行う人も増えてきました。内装を自分で変えてみたり、家具を作ってみたりと、DIYに使用するための道具も初心者に扱いやすい製品が増えてきました。

こうした背景から、外壁のサイディングも自分でDIYできないかと考えている人もいるでしょう。ここでは、サイディングの張り替えをDIYで行うことについて考えます。

張り替えはプロにしかできない

結論からいうと、サイディングの張り替え工事はDIYで行うのは難しいです。サイディングの張り替えは、専門性が高い工事であり、技術力の高い職人でなければ施工は無理だと考えましょう。

もし、どうしてもDIYで行いたいという場合には、塗装程度であればDIYでも可能でしょう。

ただし、塗料を正しく扱わなくては耐久性を落とすことにもなります。さらに、高所での作業も伴うため、事故の危険性が0ではありません。外壁の張り替えは、技術力の高い職人がいる業者に任せるのがおすすめです。

業者選びで大切なポイントは、見積もりです。1社だけではなく複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。悪徳業者の場合、見積もりの段階では安い費用を提示しておいて、後から追加料金を請求してくるケースがあります。

見積もりを取ったら、必ず内訳を確認するようにしましょう。工事費一式などと記載してあり、内訳が曖昧になっている場合には特に注意が必要です。

相見積もりを取るなら一括見積もりサービスがおすすめです。一括で複数社に見積もりが取れる外装業者紹介サービス「Excite外壁塗装」なら、自社独自の厳しい審査基準を満たしている業者のみと提携しています。

そのため、安心して見積もり依頼をすることができると同時に、信頼できる業者がみつかります。

高所での作業には危険が伴う

サイディングの張り替えは、足場を組んで行うことが基本です。平屋ならまだしも2階建ての戸建てなどの場合には、どうしても高所での作業が発生します。

DIYで高所の作業を行うと自分が転落してしまう可能性があり、また道具などが落下して、下にいる人にケガを負わせる可能性も考えられます。前述にもありましたが、DIYでサイディングを張り替えることをおすすめできません。

サイディングの張り替えに関する注意点

サイディングにはいくつかの種類があります。それぞれに特徴があり、耐用年数や価格にも違いがあります。

ここまではサイディングの種類やおすすめの外壁材、サイディングの張り替えにかかる費用などについて解説してきました。ここからは、さらに詳しくサイディング張り替えの注意点について解説します。

大規模な工事なので時間がかかる

外壁の補修は、部分補修をのぞいて大規模な工事になることがほとんどです。部分補修の場合でも足場を組む必要性がある場合には、工事の規模は大きくなります。

全面張り替えやカバー工法となると、足場は必須となるため足場の費用だけでも最低10万円はかかります。

工事の規模が大きくなるということは、工事期間も長くなるといえます。工期が長ければ長いほど費用も加算されていきます。サイディングを張り替える場合には、施工面積と施工方法によって工事にかかる時間が長くなると覚えておきましょう。

アスベストが含まれている場合は費用が高くなる

アスベストとは石綿のことです。過去には断熱目的で建築資材としてアスベストを含む資材が使用されていました。ただ、昭和50年に使用が原則禁止され、のちに製造自体が禁止となっています。

禁止の理由としては、細い繊維が空中を舞い、人体を傷つける可能性が高いことがわかったからです。アスベストの繊維を吸い込むと、肺がんや悪性中皮腫、石綿肺などの病気を発症する可能性があります。

過去に、アスベストを長期間に渡って吸い込んでいたことが原因で何十年もたってから病気を発症するケースもあります。そのため、現状の外壁が古くてサイディングにアスベストが含まれていた場合、外壁を全て取り除いて新しいものに取り替える必要があるため工事費用が高額になる可能性があります。

アスベストの診断はプロにしかできませんので、不安な場合は業者に確認してもらいましょう。

張り替えの知識がある会社を選ぶ

外壁の張り替えを行う場合は、依頼する業者を厳選することが重要です。依頼する業者によって費用が異なるため必ず見積もりを取るようにしましょう。見積もりを取ることで費用を抑えることができる可能性も高まります。

見積もりは1社に限らず複数社の相見積もりを取ることで費用を比較しましょう。付き合いが長い業者があったとしても、見積もりの内容が曖昧である場合にも、油断せずに相見積もりで確認を取ることをおすすめします。

併せて、張り替えに関する正しい知識を持っている職人がいるかどうかも確認することが重要なポイントです。知識や技術力のない職人でも、ある程度の施工をすることは可能です。素人目で見ただけでは施工が正しいのか間違っているのかは判断が難しい場合もあります。

そのため、知識や技術力がないにも関わらず施工を請け負う業者もあります。このような場合は、サイディングの耐用年数が通常より短くなったり、劣化スピードが早くなったりと後になってトラブルが発生するケースが多く、その時点ではどうすることもできないことが多くあります。

そのため、張り替えを行う場合には、焦らずに慎重に業者を選ぶことをおすすめします。

耐用年数が過ぎたらサイディングの張り替えを検討しよう

サイディングの耐用年数は、一般的に30〜40年とされています。住宅環境やメンテナンスの回数によって長くなったり短くなったりすることもありますが、おおよその目安としてはこの期間と考えておきましょう。

耐用年数が30〜40年だからといって、何十年も何もせずにいると、いざ補修を行うという段階になって高額な費用が必要となる可能性が高くなります。

サイディングの種類によって耐久性が異なるため、必要に応じて定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。ただし、耐用年数に到達した時点でサイディングの張り替えを検討することも必要です。

外壁の劣化は見た目だけでなく、内部構造にもおよぶことがあります。見えない箇所の劣化は業者に依頼しなければ判別することはできません。

内部が劣化をはじめてしまうと、既存のサイディングをすべてはがして、新しいサイディングを張るための工事が必要です。定期的なメンテナンスを行いながら、耐用年数がすぎたら、サイディングの張り替えを行うための準備を進めておきましょう。