屋根棟修理にはいくらかかる?費用の相場や安く抑える方法を解説

雨や風、紫外線などを直接受ける屋根は、劣化が気になるところでもあります。もし屋根が損傷していると雨漏りなどの原因になることもあります。

そのため、定期的なメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

ここでは、屋根修理として行われる工事内容や費用について解説します。業者と相談して工事内容を決めることも大切ですが、自分でしっかりと屋根修理に関する知識を身に付けておくことも大切です。

屋根棟の修理費用の相場

常に雨風や紫外線にさらされている屋根は、劣化しやすい部分でもあります。特に屋根の面と面が合わさる場所である棟は、特に劣化しやすい場所です。修理機会の多い場所でもあるので、屋根棟の修理をした際の費用についてチェックしてみましょう。

屋根棟の種類別の費用  

屋根棟には、使用している屋根材によって板金と瓦の2種類があり、それぞれの修理方法も異なります。それぞれの修理内容や費用についてみてみましょう。

スレートまたは金属屋根の場合、金属製の棟板金が使用されています。釘などで固定されていますが、修理の際には釘の打ち直しや傷んだ板金の交換などが行われることが多いです。

棟板金は薄い金属板でできているので、広範囲にわたる修理になったとしても安価で工期も短く済みます。費用の相場は約30万円です。

和瓦、洋瓦の場合、棟の部分にも瓦が使用されています。漆喰などで固定されているため、修理では漆喰の再塗装や棟瓦の積み直しなどが行われます。

費用の相場は約25~40万円が目安となりますが、現在の住宅のほとんどはスレートや金属屋根が主流なので、棟板金の修理が行われることが多いです。

修理内容別の費用   

屋根に不具合が生じた際、プロの業者に点検を行ってもらうと、部分的な補修だけでは済まず、根本的な修理が必要になってくることもあります

屋根修理にはどのような修理内容があるのでしょうか。約30坪という一般的な戸建て住宅で修理費用などをみてみましょう。

修理内容費用
棟板金の取り替え3,000~10万円
雨樋修理3,000~10万円
雪止め設置3万~80万円
漆喰補修3万~10万円
スレート屋根の差し替え1万~5万円
瓦の差し替え1万~5万円
雨漏り修理5万~30万円

これらすべての項目が必要になるわけではありません。スレート屋根の場合は、瓦屋根に該当する修理項目は発生しません。

ベランダなどから2階に上って作業できるものと、足場を設置する必要がある修理があります。足場の設置が必要な修理内容の場合、費用がさらに上がる可能性があるので注意しましょう。

屋根の差し替え修理の場合、業者によっては1枚の差し替えから対応してくれるところもあるので、着工前にしっかりと確認しておくと安心です。

劣化症状別の費用  

屋根は外的要因の影響を受けやすい場所なので、劣化しやすい場所でもあります。しかし、素人にはなかなか劣化具合を判断することが難しいのも現状です。

そんな時は、プロの業者に点検してもらい劣化具合をみてもらいましょう。劣化具合によって修理内容が変わってくるので、劣化の症状別に費用をチェックしておくことも大切です。

修理内容劣化症状相場費用
釘打ちコーキング棟板金の釘抜け15,000~30,000円
貫板交換工事貫板の腐食6,000~10,000円/m
棟板金交換工事棟板金の飛散7,000~12,000円/m

どの工事も半日~2日程度の工期を必要とするものになります。さらに、足場の設置が必要な工事の場合、足場設置費用として700~1,000円/平方メートルが別途必要になります。

そして足場の設置・解体を工期に含めなければいけないので、半日~1日程度余分にみておくと安心です。

屋根棟修理費用の内訳

屋根棟の修理には屋根棟に使用する新しい材料費は必要にはなりますが、それ以外にも必要な費用があります。

材料費は選ぶ材料によって異なりますが、それ以外に発生する費用はどの屋根材でも必要になってくるので、予算を組み立てる際には忘れないように試算しておきましょう。

安全に工事を行うための足場代  

屋根に関する修理は高所での作業が必須となるため、安全のためにも足場を設置することが多いです。工事範囲が少ないと足場を設置せずに工事してしまうこともありますが、必要な費用として認識しておくと良いでしょう。

足場の設置から解体にかかる費用を考えると、足場なしで依頼したい気持ちにもなりますが、作業を正確に行ってもらうためにも、足場の設置は必要です。

実は、屋根棟の修理費用の中で最も割合を占めているのが足場費用です。原則必要なものとして考えておきましょう。

屋根の材料費や工事費   

修理費用に影響を与えるものとして、屋根の材料費が挙げられます。これは、交換する板金の長さが長くなるほど、工事費用も高くなると認識しておきましょう。

もし費用に余裕があるのであれば、屋根全体の工事と棟の工事を一緒に行う方法も検討するのがおすすめです。出費額は増えますが、劣化具合を揃えることができるので、メンテナンスなどを同時に行うことができるようになります。

屋根の葺き替え工事を同時に行えば、棟板金の単価が半分程度にはなりますが、数百万円を必要とする工事になるので、屋根材の劣化具合などを点検し、じっくりと検討する必要があります。

屋根棟修理費用が相場よりも高くなるケース

棟板金の修理費用についてご紹介しましたが、あくまで相場の費用です。この価格よりも高く請求されることもあります。それはどのようなケースなのでしょうか。工事内容に見合った請求をされているかどうかを判断することも大切です。

雨漏りの原因調査が必要な場合  

もし雨漏りしている場合には、場所を特定し原因を調査することが大切です。雨漏りの調査は業者が見て点検するだけなら無料ですが、特殊な機械を使用して調査すると費用が高額になることもあります。

しかし、雨漏りの場所を特定せずに工事をしてしまうと、ほとんどの場合雨漏りが再発します。あとから追加工事を何度も繰り返すことがないよう、きちんと調査してから工事をするのがおすすめです。

調査内容費用
目視無料
発光液調査5~20万円
散水調査10~30万円
赤外線サーモグラフィー調査10~40万円

発光液調査とは、専用の液を建物の上部から流し、紫外線の光を当てて雨水の浸入経路を探る調査方法です。今までは侵入経路が分かりにくかった雨漏りのケースでも、水の通り道をしっかりと写し出すことができるので、憶測だけで行う工事を何回も繰り返さずに済みます。

散水調査では、建物上部から水を流し水の浸入経路を探る方法です。自宅にある水を使用することが多いです。

赤外線サーモグラフィー調査は、建物を専用の赤外線カメラで撮影し、温度差から水の侵入経路を見つける方法です。水が通った場所は冷えて青色に写し出されるので、建物内部でとどまっている雨漏りも見つけることが可能です。

雨漏り工事を何度も繰り返さずに出費を抑えるためには、最初の調査に少し費用が発生しても、しっかりと調査して原因を特定してから工事を行うのがおすすめです。

屋根のリフォームも行う場合   

屋根棟の修理を行う際に、屋根全体のリフォームを行う方法もあります。費用が高額になってしまいますが、棟板金の単価を抑えることができるだけでなく、メンテナンスサイクルを合わせることができるので、今後のメンテナンスも一緒に行うことができます。

屋根リフォームには塗装、葺き替え、重ね葺きの3種類があります。それぞれの費用についてみてみましょう。

リフォーム方法約30坪の費用
塗装40~80万円
葺き替え60~200万円
重ね葺き80~120万円

それぞれのリフォーム方法によって、使用する材料や道具が異なるため、費用に大きな違いが生じます。屋根全体のリフォームなので、当然、屋根棟だけの修理費用よりも高額になってしまいます。

屋根棟のみの修理で対応できる場合は、屋根棟修理のみで少額の出費で抑えることができますが、屋根棟修理だけでは対応できない場合は、屋根全体のリフォームも検討しなければなりません。

換気棟を設置する場合   

棟板金の交換や修理を行うなら、換気棟を設置することも検討してみましょう。換気棟は屋根裏の熱や湿気を放出してくれます。

夏は温度上昇を抑制し、冬は結露対策として最適です。1台あたり約2万円の設置費用が必要になります。

室内環境をより快適にするためにも、換気棟の設置を検討するのもおすすめです。

屋根棟修理費用の見積もりについて

屋根棟修理工事はまず業者に見積もりを提示してもらうことから始めましょう。適正な費用で工事を依頼するためにも、自分の中で試算して予算を組み立てておいてから相談することがおすすめです。

見積もりの算出方法  

業者に見積もりを依頼する前に、自分でも試算して予算を組み立てておくことをおすすめします。計算式を知っていれば、修理費用の概算を自分で算出することも可能です。

業者が屋根修理の見積もりを出す際に用いる計算式は以下のようなものになります。

単価(屋根修理の内容)×数量(屋根修理の範囲)

この計算式で算出される費用は、あくまで概算です。実際に屋根に上ってプロの業者に点検してもらうと細かな修理範囲が分かるので、より正確な費用を算出してもらうことができます。

見積もりが適正か判断する基準  

業者に提示してもらった見積もり書をチェックするときは、適正な価格で導き出されているかをしっかりと確認することが大切です。

実際に屋根を見た上で見積もりを作成しているのかという点は、最も重要です。予測で行う屋根修理は根本的な解決にならないことも多く、追加工事が発生してしまう可能性もあるので、細かく点検したもらった上で見積もりを出してもらうようにすると安心です。

また、工程や数量が具体的に記載してあるかもチェックしましょう。「一式」といった言葉など、ざっくりとした表現でまとめているような業者は要注意です。

必要な工程や材料を削られているなど、手抜き工事の要因にもなりかねません。ざっくりとした表現でまとめられている際は、細かな内訳を提示してもらうように対応してもらえれば安心です。

屋根棟の修理費用を抑えるために自分で修理することはできる?   

DIYなどがブームの昨今は、比較的大がかりな修理でも自分で施工してしまう方も少なくありません。しかし、屋根修理の場合は必ず業者に依頼するようにしましょう。

素人が屋根の上に上って作業をするのは、転落の危険性などもありとてもリスクが高いです。また、修理したつもりが根本的な解決にならず、結局業者に依頼することになるケースもあります。

屋根棟の修理は、プロの業者に依頼することが鉄則です。そのため、安心して任せられる業者を探すことが大切と言えるでしょう。

屋根棟修理費用を安く抑えるには

屋根棟の修理は工事内容によっては、高額な費用が必要になってしまうこともあります。費用を少しでも抑えるために、どのようなことができるのでしょうか。

火災保険を適用させる  

屋根棟が破損・損傷した原因が自然災害の場合、火災保険が利用できることがあります。強風や雪、降雹などによって修理が必要になったと判断されれば、保険が適用されます。

注意しなければならない点として、自然災害すべての被害に対して保険が適用されるわけではないということです。

大雨や洪水、地震などの揺れが原因で破損や損傷をした場合は適用外になることもあるので覚えておきましょう。

加入している火災保険の特約や別途地震保険に加入しているなどの場合は適用されるので、一度加入している火災保険の保証内容を確認しておくと安心です。 

複数の業者から相見積もりをとる   

屋根棟修理の見積もりは、見積もり依頼をする業者によって提示される金額が異なります。そのため、複数の業者に見積もり依頼をすることがおすすめです。

複数の業者に見積もり依頼をするのはとても手間のかかることですが、そんなときは一括見積もりサービスを活用しましょう。

手間なく複数の業者に見積もり依頼をすることができるので、信頼できる業者探しには最適です。提示された見積もりは、費用だけでなく工事内容も比較して業者選びをするようにしましょう。

なるべく早めに修理を依頼する  

屋根棟の破損や損傷が見つかったら、できるだけ早急に対処することが大切です。屋根から雨水が浸透し、雨漏りの被害が拡大してしまうと、建物内部にまで及んでしまう可能性があります。

雨漏りの被害が拡大すると、それだけ修理の範囲も広範囲になり費用もかさんでしまうことになってしまいます。

また建物内部に雨水が侵入してしまうと、カビの繁殖やシロアリの被害に遭う可能性も高まってしまうので注意が必要です。

家全体の修繕になると高額な費用が必要になるので、その前に自分で応急処置を行い、早めに業者に根本的な修理をしてもらうのがおすすめです。

外壁塗装と一緒に依頼する   

屋根以外に外壁も10年に1度程度のサイクルでメンテナンスが必要です。雨や風、紫外線といった外的要因を直接受ける場所なので、放置して劣化が進むと大きな被害に遭ってしまう可能性があります。

屋根修理と一緒に外壁の修理も行うことで、屋根と外壁の寿命を延すことができます。今後のメンテナンスサイクルを合わせることだけでなく、設置が必要な足場を1度で済ますことができる点もメリットです。

ただし、屋根と外壁を同時に修理すると、どうしても費用は高額になってしまいます。屋根と外壁の修理費用と節約できる足場代、現在の屋根と外壁の劣化状況など、色々な視点から判断すると良いでしょう。

屋根棟は定期的なメンテナンスを心がけよう

雨や風、紫外線といった外的要因を直接受ける屋根はどうしても劣化しやすい場所です。そのため、快適な室内空間を保つためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。

まずは、信頼できる業者選びを慎重に行うことから始めましょう。安心して任せられる業者が見つかれば、具体的な修理内容と費用の相談をしていくのがおすすめです。

適正価格で工事をしてもらうためにも、一括見積もりサービスを活用して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。