サイディング外壁に塗装は必要?かかる費用や注意点について解説

現在、国内の一戸建ての外壁で最も人気があるものがサイディング外壁です。一戸建てを建てた時に、建築会社からサイディング外壁には外壁塗装が必要ないと言われる方もいるようです。しかし、家をできるだけ長持ちさせようと考えるのであれば、やはりサイディング外壁であっても定期的な外壁塗装は必要です。

この記事では、サイディング外壁でも外壁塗装が必要になる理由と、外壁塗装を検討中の多くの方が気になる費用について解説します。また、サイディング外壁の外壁塗装にはどのような塗料がおすすめなのか、サイディング外壁の塗装を考えている方への詳しいお役立ち情報もお伝えします。

サイディングの塗装が必要な理由

家を新築したときに、サイディング外壁には外壁塗装が必要ないと言われたとしても、実際には10年から15年に一度の外壁塗装をしなければ、サイディング外壁も劣化していきます。

樹脂系サイディングであれば、塗装は一切不要ですが、現在国内で主に使われている窯業系サイディングには定期的な外壁塗装が欠かせません。まずは、サイディング外壁にも外壁塗装が必要になる理由について詳しく解説します。

劣化から保護するため

外壁は常に外気にさらされています。日中は太陽光線の紫外線を浴び続け、少しずつ紫外線によって劣化しています。また雨が降ったり、風が強く吹いたりすると、雨水や大気中のちりやほこりで少しずつ表面が削られていきます。

特に、窯業系サイディングはセメントと木質繊維を混ぜ合わせたものが原料なので、塗料の塗膜で覆ってあげないと雨風による劣化が進んでしまいます。劣化を防止するためにも、定期的な外壁塗装が必要です。

防水効果を保つため

窯業系サイディングには防水機能がありません。そのために、窯業系サイディングを使っている場合には、外壁塗装で防水性を高める必要があります。

外壁の劣化が進んでしまうと、防水機能も少しずつ劣化していきます。防水性の高い樹脂系サイディング以外のサイディングを利用している場合は、定期的な外壁塗装で防水機能を保つ必要があります。

サイディングの塗装にかかる費用

サイディング外壁の外壁塗装にはどのくらいの費用がかかるのか、気になっている方も少なくないでしょう。外壁塗装の費用を決めるポイントは、建物の大きさと塗る塗料の種類です。建物の大きさごとの目安と、塗料のグレードによりどのように費用が変化するのかをお伝えします。

建物の大きさ別の費用

まずは、建物の大きさによってどのくらい費用が変化するのか見ていきましょう。建物の大きさは、1階部分の建床面積の大きさでおおよその外壁の面積も決まります。建床面積ごとのサイディング外壁塗装の費用の目安は次の通りです。なお、通常、サイディング外壁の外壁塗装をするときには、シーリングの補修も同時に行います。塗装と補修の合計金額をお伝えします。

1階の建床面積外壁面積費用(外壁塗装+シーリング)
20坪(約65平方メートル)約79平方メートル40万~80万円
30坪(約100平方メートル)約120平方メートル50万~90万円
40坪(約130平方メートル)約160平方メートル70万~110万円
50坪(約165平方メートル)約200平方メートル80万~120万円
60坪(約200平方メートル)約240平方メートル110万~150万円

金額に大きな幅が出てしまうのは、塗料とシーリングのグレードによって大きく価格に差が出るためです。

使用する塗料別の費用

次に、外壁塗装に使う塗料の種類ごとの費用の差についてみていきましょう。外壁塗装に使う塗料にはグレードがあり、グレードが高くなればなるほど耐久性は高くなりますが、費用も高額になっていきます。30坪の家のサイディング外壁の外壁塗装を行った場合の、塗料代の差を見ていきましょう。

塗料の種類耐用年数1平方メートル当たり単価30坪の戸建てに使った場合の塗料代総額
アクリル系5年~8年1,400円~1,600円18万円程度
ウレタン系7年~10年1,700円~2,200円23万円程度
シリコン系10年~15年2,300円~3,000円30万円程度
フッ素系15年~20年3,800円~4,800円50万円程度

最も安いアクリル系と最も高額なフッ素系では3倍もの差が出ます。しかし、アクリル系を使えば安く上げられますが、耐久性は10年持ちません。頻繁に外壁塗装を行うことを考えると、ある程度耐久性の高い塗料を使った方がコスパはいいでしょう。

一般的な戸建ての塗装費用の内訳

外壁塗装の平均的な相場は100万円から110万円と言われています。上記で見た塗料以外にも、外壁塗装にはさまざまな費用がかかります。具体的な費用の内訳はどのようになっているのか、30坪の一戸建ての場合を例に詳しく見ていきましょう。

内訳費用
足場代20万円
高圧洗浄4万円
養生4万円
飛散防止ネット1万2,000円
シーリング補修10万円
塗料代(シリコン系)35万円
その他雑費
(廃棄物処理・交通費・印紙代など)
20万円
合計85万2,000円

サイディングの塗装におすすめの塗料

外壁塗装の費用は、塗料の種類によっても大きく変わります。安く済ませられるからといって、アクリル塗料を選択してしまうと、外壁塗装を行わなければいけない回数が増えてしまいます。

外壁塗装には、塗料代だけではなくて足場代や高圧洗浄、養生などの費用がかかります。これらの費用は、外壁塗装をするたびに必要になるので、外壁塗装の回数が増えれば、結果的に外壁塗装にかける費用の総額が高くなってしまいます。

サイディング外壁の塗装におすすめな塗料は、次の3種類の塗料です。それぞれ価格が違うだけではなくて、特徴があるので、よく理解した上で検討しましょう。

ウレタン系塗料

ウレタン系の塗料とは、その名の通りウレタン系の樹脂を主成分とした塗料です。10年ほど前までは、外壁塗装の主役でした。現在ではシリコン塗料の価格が下がってきたことで、主役の座を明け渡しました。しかし、外壁の素材を選ばずに高密着する使い勝手の良さで、今でも人気の塗料です。

ウレタン系塗料のメリットは、塗膜が柔らかく仕上がるので弾力性があり、ひび割れしにくい点です。防水性も耐候性も高く、信頼性に優れた塗料です。

シリコン系塗料

ウレタン系塗料よりも耐久性が高く、価格も手頃なものになってきたことで、ここ10年ほどで外壁塗装の主役に躍り出たのがシリコン系塗料です。ウレタン系と比べると少し扱いにくく塗りにくい点がデメリットですが、値段の割に耐久性が優れている点は見逃せません。

耐候性や耐熱性もしっかりとしているので、現在は最もおすすめな塗料と言えるでしょう。

高耐候性塗料

費用の面で余裕があるのであれば、最もおすすめしたいのは耐久性のある高耐候性塗料です。高耐候性塗料とは、紫外線の影響を受けにくいセラミックなどを混ぜた無機ハイブリットピュアアクリルや、無機配合型フッ素塗料などです。

1回にかかる費用はシリコン系塗料を使った場合の2割増しから3割増しになってしまいますが、耐久性は15年から20年ととても長くなります。

家の寿命全体から考えると、外壁塗装を行う回数を減らせるので、結果として高耐候性塗料を使った方が、コスパが良くなります。

サイディングの塗装に関する注意点

サイディング外壁の塗装を行う場合には、注意しなければいけない点が色々とあります。外壁塗装の業者の中には、悪徳業者も少なくないので、注意点をしっかりと頭に入れて対処しなければ、本来支払わなくてもいいお金を支払ってしまうことになりかねません。サイディング外壁の塗装についての注意点について詳しく解説します。

塗装を依頼する業者は慎重に選ぶ

外壁塗装は家のメンテナンスの中でも、10年から15年と比較的頻度が高いので、多くの業者が飛び込み営業をしています。飛び込み営業できた業者に決めてしまう方も少なくないのですが、1社だけの見積もりで決めてしまうのはとても危険なことです。外壁塗装を依頼する業者は慎重に選びましょう。

最も確かなのは、複数の業者から見積もりを取り寄せることです。見積書の内容をみればその業者の質がよくわかります。良心的な業者は内訳を細かく記載するのに対して、悪徳業者は「一式」という言葉を多用します。

外壁塗装の一括見積もりサービスを利用すれば、簡単に複数の業者から見積もりを取り寄せられます。ぜひ一度利用してみましょう。

塗装が必要になっても放置しない

国内で主に使われている窯業系サイディングには、防水効果はありません。外壁塗装で防水効果を高めなければ、水が壁の内部に侵入しやすくなり、家の劣化を早める原因となってしまいます。

外壁塗装には多額のお金がかかることから、外壁塗装が必要になっても放置してしまう方も少なくありません。しかし、外壁塗装を行わなかったことで、壁の内部の柱や壁板が腐食してしまうと、外壁塗装以上の修繕費用がかかってしまいます。外壁塗装が必要になったら、将来のメンテナンス費用を節約するためにも必ず行うようにしましょう。

騒音が心配なら近所にあいさつ回りに行く

外壁塗装を行うときには、高圧洗浄で隣家に水が飛び散ったり、ケレン作業などで騒音が発生することがあります。何もあいさつなしで、水の飛散や騒音が起きてしまうと、ご近所トラブルの元になってしまう可能性もあります。

外壁塗装を行うことで、隣近所に迷惑をかけてしまう可能性がある場合には、必ず事前にあいさつ回りをしておきましょう。特に住宅密集地ではあいさつ回りは必須です。騒音や水の飛散で迷惑をかけるかもしれないことをあらかじめ説明すれば、大きなトラブルに発展する可能性は少なくなります。

なお、どうしてもあいさつ回りができない事情がある場合には、業者に相談してみましょう。業者が自社の宣伝を兼ねて代わりにあいさつ回りをしてくれることもあります。

サイディングの塗装に関するQ&A

サイディング外壁の外壁塗装を行う上では、色々と疑問点をお持ちの方もいることでしょう。サイディングの外壁塗装についてよくある質問についてこちらでまとめてみました。

サイディング塗装の工法は?

サイディング外壁の外壁塗装を行う上で、どのような工法を使うのか知りたいという声があります。

サイディング外壁に限らず、外壁塗装を行う工法には、ローラ、はけ、スプレーガンの3つの方法があります。15年ほど前までの主流の工法はスプレーガンでしたが、現在はローラーを利用することが多くなりました。

ローラーは、スポンジや毛の付いたローラーに塗料を染み込ませて外壁を塗っていきます。ローラーが入らない細かいところは、はけで仕上げていきます。スプレーガンによる吹付け塗装と違い、周囲への塗料の飛び散りが起こりにくい点がローラーの大きなメリットです。ただし、全て手作業になるので、スプレーガンよりも手間がかかります。

スプレーガンは専用の機械で塗料を圧縮したり、空気の圧力を使って、塗料を壁に吹付けていく工法です。ローラーよりも早くできて、模様も工夫ができます。しかし、スプレーガンを扱う人の力量に左右される面があるので、経験が少ない会社や職人だと仕上がりがひどいことになることもあります。

塗装が必要になる時期は?

サイディングに限らず、外壁塗装を行う目安は、以前の塗装で使った塗料の耐久性によって左右されます。「使用する塗料別の費用」の一覧に記載してあるように、塗料の種類によって耐用年数が変わります。

おおよその目安は10年に一度ですが、使っている塗料の種類によっては15年、フッ素塗料や無機塗料の場合には20年でも大丈夫です。以前に使った塗料の耐用年数を調べてみましょう。

塗装が難しいサイディングもあるのか?

サイディングにはさまざまな種類があり、樹脂系サイディングの場合には外壁塗装は必要ないとされています。また、汚れが付きにくいコーティングがされている場合には、外壁塗装をしても剥がれやすくなってしまうため、塗装が難しい場合があります

サイディングボードに無機コーティング、光触媒コーティング、フッ素コーティングがなされていて、表面にチョーキング(指でなでたときに白い粉が付く現象)も起きていない場合には、外壁塗装は必要ない可能性があります。

サイディング塗装の工事期間は?

外壁塗装の工事はどのくらいの期間がかかるのか気になってる方もいるようです。外壁塗装だけであれば、工事の期間は足場を組んでから塗装が完了して足場も完全に撤去するまで、10日程度で完了します。雨の日には作業ができませんが、長くても2週間程度で大丈夫です。

外壁塗装だけであれば、職人さんが家の中に入る必要は全くないので、お仕事などに行って留守にしても問題はありません。外壁塗装を行うときに屋根塗装や、その他の修繕も一緒に行うのであれば、追加の工事の分だけ期間は延長します。

サイディングの塗装で建物を長持ちさせよう

サイディングの外壁塗装を考える場合には、本当に外壁塗装が必要なサイディングなのかどうかをまずは確認するところから始めましょう。この記事の中でも見たように、サイディングには本当に外壁塗装の必要がないボードもあります。どのような種類のボードが使われているのか、今一度確認しましょう。

外壁塗装が必要のサイディングボードであるならば、家を長持ちさせるためにも外壁塗装は必要です。ぜひ、一括見積もりサービスでリーズナブルに良質な工事をしてくれる業者を見つけて、しっかりと家の塗り替えをしましょう。